ガンと代替治療No4

目次を作りました。順番に見てね

ガン細胞の血管新生
 ガンが成長する過程では、ガン細胞の大きさが1〜2m㎥になると、血管新生増殖因子(VEGF)を出し、ガン細胞専用の血管を作り、そこから栄養と酸素を補給して成長していきます。この血管の新生を阻止することが出来たならば、栄養を立つことでガン細胞の成長を止めて、自然死に追いやることができます。このように血管の新生を抑止する物質を「血管新生抑制物質」といいます。血管新生抑制物質の代表的なものにサメ軟骨があります。サメ軟骨に含まれるコンドロイチンが血管新生を抑制すると考えられています(一部ではコンドロイチン以外のもという発表もあり、更なる研究が必要です。)
 血管新生を阻害することでガン細胞への栄養供給を絶つことができます。つまり、兵糧攻めにして、周りから攻めて確実に滅ぼすそうとするものです。血管新生を促進する因子にはHGFやFGF、さらに胸水や腹水の原因と特に関連があるVEGFなどあります。

兵糧攻め
 兵糧攻めには二通りの方法があります。一つは先ほど説明した「血管新生阻害」であり、もう一つは「経口食時点からのガン細胞の栄養の不摂取」です。化学物質などのガン細胞が好むとされる食品を取らないようにすることです。例えば食品表示の着色料の中には発がん性物質も含まれています。なるべく食品表示を見て添加物の少ない食品を選ぶことが大切です。特にこのような食事療法で知られるのが「ゲルソン療法」ですが、これは非常に困難な食事療法です。自分の体力、体質を考慮して行なう必要があります。食事のできない状態の方がされると栄養自体が不足することになりますので、体力と相談しながら行うべきです。何事にもつきものですが「論」には「正と反」がありますので、どちらも知った上での判断が必要です。その上で行うことが大切です。

ガンの細胞死
 細胞死には自然死と壊死の二通りの型があり、自然な形で自己消滅(自滅)していくのが「アポートシス」ですが、正常な細胞は役割が終われば死滅して新しい細胞と入れ替わりますが、ガン細胞には細胞死を防ぐNF-kBと呼ばれる物質にガードされています。後述するD-12はNF-kBを抑制します。アポートシスに対して、壊死はぐちゃくちゃな壊れ方をするのが「ネクローシス」です。ネクローシスはガン細胞の細胞膜が壊れて、なかの酵素が飛び散り、石灰化や繊維化を起こします。
 NKT細胞やキラーT細胞は、ガン細胞に対してパーフォリン(ガン細胞膜穿孔因子)というタンパク質を出します。パーフォリンは、ガン細胞膜に穴を開けて、そこから細胞内に侵入し、ガン細胞の核だけを破壊します。破壊されたガン細胞はアポートシス小体という小粒子になり、マクロファージに食べられて消滅します。

西洋医学の欠点
 西洋医学のガン治療の欠点は、免疫低下を招くことです。化学療法にしろ放射線、手術にしろ免疫力は著しく低下します。つまり、リンパ球が減少するのです。免疫力が落ちると様々な病気を併発するようになります。また、リンパ球が減るということは、ガンの退治主役であるキラーT細胞も減るということです。つまり、西洋医学で治療を行い治らなければ、自己でのガン細胞撃退も出来ない状態になるので、厳しい状況が残されます。しかし、東洋医学である免疫を活用すれば西洋医学との組合わせによる効果が十二分に期待できるものとなります。よく聞く話にいろいろ手を尽くしたが効果がないので最終的に「丸山ワクチン」を打つとかききますが、免疫治療は最後の手段でなく健康のときからできる自己防衛です。だから西洋医学との併用でそれぞれの欠点を補完しあえます。予断ですが丸山ワクチンはガンのみに有効ではなく、肝炎ウイルスなどにも有効とされています。免疫は体に対して有効です。

延命か治癒か
 西洋医学ではガンの治療は手術や化学療法が主ですが、これはいずれもガンを撃退するというものです。この中には自然治癒はありえません。化学療法で言う治療とは抗がん剤の投与ですが、その効果判定判定基準はガン細胞が半分以上に減少することです。また、抗がん剤の目的は延命治療が目的とされており、中にはガン細胞が消滅するケースもあるということです。西洋医学でのガン治療は外部からの攻撃で、東洋医学でのガン治療は害を抑える状態(成長をさせない状態)を長く保つことで、内部から徐々に治癒に向かわせます。世界の中でも日本のガン治療はトップレベルにあり、最近の医科大学では西洋医学と東洋医学を同時に学べるしくみがあり、日本での新しい試みです。

抗がん剤の効き目
 抗がん剤の効き目の判定は、凡そ2割の患者のガン細胞が縮小すれば効果ありと判定されています。日本で、抗がん剤が医薬品として認可されるためには、臨床試験で、奏効率(そうこうりつ)が2割でよく、その際、治癒効果、延命効果などは、考慮されません。奏効率が2割とは、2割の患者が、4週間以上腫瘍の大きさが半分以下になればよいということです。つまり、8割の患者に無効でも、4週間だけの効果でもよいということです
 奏効率とは、治療効果を判定する為の目安でCR(著効)は「腫瘍が消滅して4週間以上経過」、PR(有効)とは「腫瘍が半分以下となったまま4週間以上経過」、LongNC(長期不変)は「腫瘍の大きさが変化せずに6ヶ月以上経過」した状態を示します。
 よって抗がん剤の「ガンに効く」というのと「ガンが治る」というのはまったく別の話しです。抗がん剤で治る人もいれば、治らない人もいるということです。これは免疫でも同じです。その人に合う治療かどうかです。

効き目
 抗がん剤においても、免疫においても、一人一人の体質があるので、傾向としてはそのようなことが言われているが、全て該当するとはならない。日本の人口と同じ1億2千万通りの効き方がるので、効能についてはその物質の方向性を確認するというものである。病気に効果があるのではなく、効く傾向にあると考えていたほうが無難である。

ガンになる生活
 ガンというと何処からも知れずにやってくる病だと思われていますが、そもそもガンの発生原因は生活習慣によるところが多いのです。よくガンは遺伝によると言われていますが、組み込まれた遺伝子は正常に戻せずとも、発病させない環境を作ることができるならば、ガンの発生は防げることになります。まずはガンを発生させる環境を取り除くことが大切です。
 例えガンになり手術で取り除いたとしてもそれは治癒ではなく、ガン細胞の摘出です。そうするとガンのもともとの「目」は残されているので再発の可能性があるわけです。問題は術後にもガンを発生させないということです。術後暫くは化学療法によるガンの抑制が行われるのもそのためです。根本的には、生活習慣病としての改善が必要なのです。生活環境を変えなければ、ガンが再発する可能性が高いことになります。生活を変えた上での食事管理、健康管理が大切なわけです。生活の質を向上させなければ改善とはなりません。ガンになる前となった後で、生活態度が同じであることが危険なのです。ガンとの闘いは術後からが本当の戦いになるわけで、これは一生続く戦いなのです。日頃からの生活習慣、食生活、睡眠、ストレス、ポジテム思考など生活の質を高めることが要求されるわけです。ガンに限らず生活習慣病は生活そのものを見直すことが必要とされています。

ガンにならない生活
1、七大栄養素を食生活の中に毎日取り入れる
2、普通の食生活で不足するミネラル、ビタミン、酵素をサプリメントから取る
3、化学物質をとらない(食品表示を見て添加物の少ないものを取る)
4、睡眠を充分にとる(就寝時間を守る)
5、毎日を楽しく過ごす
6、ストレスを溜めない
7、考えすぎない、鬱にならない(鬱になると精神的なダメージから免疫が低下するので、薬を処方してもらう。心療内科に行くことに抵抗を感じないこと)
8、アルコールを取り過ぎない
9、タバコを吸わない
10、趣味を持ち、余暇を楽しむ
11、年に一度は検診に行く
 仕事ばかりしていたり、悩んでばかりいると危険です。生活の質を高めることをしましょう。例えば夫婦で買い物、旅行、会話など                

ガンと代替治療No3

目次を作りました。順番に見てね

免疫とガンの闘い                
免疫でガンに勝つ
1、ガンの進行に伴い,免疫細胞の働きが低下する「酸性体質」になるため抗酸化作用を持
  つ健康食品を摂る。
2、免疫細胞の材料となる良質なアミノ酸を十分に摂取する。
3、免疫細胞の働きを活性化する健康食品などを摂る
4、摂取した健康食品が腸でしっかり吸収されるように,腸内の環境をよく
   する善玉菌を増やす健康食品を摂る。
5、腸内で吸収された有効成分が腫瘍(ガン)の部分により多く到達できるように,血液をサ
  ラサラにする作用(血栓溶解作用)を持つ健康食品を摂る。
6、ガン細胞の増殖に不可欠な血管新生を阻害し,進行を食い止める食品を摂る
7、イメージでがん細胞を撃退する
8、悪い方向には考えない
9、良いイメージを持つ
10、適度な運動をする
11、自律神経と副交感神経のバランスを取る
   など色々ありますが共通していることは免疫の細胞の活性化です。


ガンを攻撃する免疫細胞
マクロファージ(樹状細胞)
 球状の大型細胞で、異物を細胞内に取り込んで殺す為、大食細胞とも言われます。酵素やサイトカインを放出してT細胞に異物の侵入を知らせる働きもあります。
リンパ球
 全白血球の30%を占める免疫システムで、B細胞、T細胞、NK細胞、NKT細胞(最近の発見)があります。
T細胞
 異物を攻撃するガン免疫細胞の主役です。実際に異物を殺すキラーT細胞に指令を出すのがヘルパーT細胞です。
NK細胞
 命令系を持たないフリーの免疫細胞で、異物を見つけしだい攻撃します。ガンが発生し、増殖して腫瘍になるまで何年もかかりますが、NK細胞はガンへと育ちつつある初期の異常細胞をやっつけます。スキルス胃ガンや前立腺ガンでは重要な役割を果たします。
NKT細胞
 最近発見されたリンパ球の細胞で第四のリンパ球としてNK細胞とT細胞の両方の働きを持ちます。

キノコ系免疫活性
 キノコに含まれている多糖類はα-グルガンとβ-グルガンなどで、抗腫瘍、免疫賦活などの作用があります。キノコ系免疫食品は、なぜもてはやされるかというと、キノコに含まれる多糖類であるグルガンがNK細胞、NKT細胞、キラーT細胞を活性化する力をもっているからです。グルガンの中でも免疫を強化するのはα-グルガンとβ-グルガンです
α-グルガン(α1-3糖)・・・NK細胞、NKT細胞の活性
β-グルガン(β1-3糖)・・・キラーT細胞の活性

サイトカインの効用
 サイトカイン(生理活性物質)は、細胞が生産するタンパク質のことで、このタンパク質に対応するレセプター(受容体)を持った細胞に働きかけて、細胞の分化や抑制などの調整を行ないます。サイトカインはガンの免疫システムの調整をはじめ、複雑な恒常性維持(ホメオスターシス)に不可欠な物質です。がん細胞を直接攻撃するのは、リンパ球などの免疫細胞ですが、その免疫細胞を活性化する働きを持ったものがサイトカインです。サイトカインはがん細胞に目印をつけたり、免疫細胞を元気付けたりして、免疫細胞のもつ能力を十二分に引き出します。

ガンに有効な免疫細胞を活性化するサイトカインには
 ・キラーT細胞の活性化・・インターフェロン・ガンマ(IFN-γ)
              インターロイキン12(IL-12)
              抗腫瘍壊死因子(TNF-α)
 ・NK細胞の活性化・・・・トランスファー因子
                        などがあります。
IL-12 : 抗腫瘍作用の強いサイトカインで主としてマクロファージから生産され、IFN-γと  
   協調してガン細胞の排除にかかわります。
INF-γ : ガン細胞を排除する免疫でもっとも重要な鍵を握ってます。主にヘルパーT細胞 
   (Th1系)やキラーT細胞、NK細胞から生産される

上記細胞を活性化する健康食品
 キラーT細胞の免疫活性食品  D-12、AHCCなど  (α-グルガン)
 NK細胞の免疫活性食品    トランファーファクター、トランスファーファクター・ 
                            プラスなど (β-グルガン)

免疫枯渇現象(リンパ球機能の消失)
 サイトカインを作り出す素材は、アミノ酸ですが、ガンが進行するとアミノ酸の欠乏が起こりますサイトカインの素材であるアミノ酸が枯渇すると「免疫枯渇現象」をひきおこします。
 免疫の枯渇をもたらす要因は、
 .ンの進行
 ▲▲潺了世侶臻
 キノコ系免疫食品のみの摂取による、リンパ球の酸化
特にここで注意して頂きたいのはアガリスクなどのキノコ系免疫食品の単品及び重複使用による免疫の枯渇です。

リンパ球失調
 キノコ系免疫食品の多種類重複などにより、リンパ球への無秩序刺激が生じるもので、このリンパ球の異常興奮が引き金となり、リンパ球の調節機能が無くなり、がんの助長が行われる現象です。この多くの現象はキノコ系サプリメントを長期に使用したり、何種類のキノコ系サプリメントを同時に服用したりすると起こります。例えば抗がん性の漢方薬やプロポリス、ニンニク濃縮エキス類などとキノコ系成分の併用も十分な注意が必要です。この現象で問題なのは一度このような現象が起きるとガンを助長する悪玉サイトカインや腫瘍マーカー、各種免疫抑制物質の大量放出が始まりガン末期の「悪液質」になります。
 ガンに対する免疫治療を行う上で、リンパ球の正常な働きの維持が必要ですが、免疫枯渇現象やリンパ球失調が起こる現象は、絶対に避けなければならないことです。しかし、このような現象については、専門家でしか知らないレベルの話になりますので、きちんとした専門医に見てもらうことが必要です。専門医とは免疫の専門という意味です。ただ単に、ガンの専門医ではありません。ガンの三大療法の医師においては、免疫にはそれほど詳しくもなく、逆に否定する医師もいるので、代替治療の専門にかかることをお薦めします。また、このような免疫検査をおこなう検査として「イノムドック」があります。イノムドックとPET検査は異なるものです。他にも「オーリング検査」などもあるようです。免疫の検査を行うことで正しいサプリメントを処方してもらうことが大切です。

免疫の暴走(悪液質)
 ガン患者の人の免疫は低下していますが、免疫力を高めるとガンは後退していくことが知られています。ガンの末期になると「悪液質」によって、げっそりやせる人が何%かいますが、ガンに悪いサイトカインとともに抗がん性のサイトカインインターロイキン12やインターフェロン-γも増加します。ガンの末期に抗がん性のサイトカインが多く生産されるのは矛盾のように思えますが、免疫が暴走すると起こる現象です。
 免疫の暴走とは、局所のがん細胞とリンパ球が過剰反応を起こし、リンパ球が“超酸化状態”に陥った状態です。この状態のときにキノコ系免疫食品を使うと、酸化が助長されます。キノコ系免疫食品は免疫刺激型なので、普段から免疫力が低い人には良いのですが、免疫のバランスが崩れている場合には逆効果になります。免疫のバランスを取る為には免疫調節性のある免疫食品が有効です。免疫調節性とは、リンパ球が酸化状態になったときに、「酸化型」から「還元型」に戻そうとする作用のことです。                          


ガンと代替治療No2

目次を作りました。順番に見てね

ガンと代替治療No2  
免疫システム
 免疫システムについては前述しておりますので振り返って見てください。
「免疫と病気」では免疫である白血球の仕組みとその働きを取り上げています。
免疫と病気No2」では免疫が働く仕組みを取り上げています。
免疫と病気No3」では免疫と野菜の関係を、
免疫と病気No4」では免疫機能を高めるサイトカインについて取り上げています。


がんと代替治療No1

目次を作りました。順番に見てね

ガンと免疫                      
ガンの告知と心のメンテ
あなたが「ガンの告知」をされたらどうしますか?
 ガンを告知された人に急ぎ早に治療の話をするのは困難です。本人がやる気を出さないと病気と戦うことは不可能です。死の絶望にたった人間に周りで心配して騒ぐことは本人の駄目押しになります。本人のやる気は代替治療を行う機関では優先される事項です。気持ちに戦う準備ができていないと、いくら医師が治療を進めても効果は半減します。病気との闘いはその人の人生観との戦いです。真に生きている意義がその人を病気と対峙させ、勝者へと導くものです。通常、告知のショックから立ち直るのに2,3ヶ月かかるといわれています。特に余命宣告をされた人間に対する接し方は非常に難しいものがあります。告知された家族もつらいのですが本人が最もつらいのです。死の恐怖との戦い、残される者への準備、余命がわずかな者にとってはどれも貴重な時間であり、短すぎる時間です。そんな時間を有意義に使うためにも事前の知識が必要です。病気になって病気を知ろうとしても時間が足りません。人の命は時間との戦いです。きちんと病気と対峙するには、ある程度の病気に対する知識が必要です。知識があれば苦悩を少なくして取るべき対処法が見えてくるはずです。誰しも告知されて戦いに挑むまでは多少なりと時間が必要です。しかし、事前の知識があれば前向きに対処できます。自分にあった医師も選べます。患者にとって医師への信頼は絶大であり、家族が不審をもったとしても、本人はすがる思いなので受け入れ困難です。病気になる前に、自分の病院を探しておくことも大切です。患者や家族にとって医師とのコミュニケショーンは、精神的な負担を軽減し、希望を持つことができます。また、余命が僅かな場合ケア病棟のある病院が心の励ましになります。なにより患者が安心できることが重要です。
 病気になる前の知識と下調べは、患者や家族の精神的不安を軽減できる有効な手段です。健康は病気を治すことではなく、病気にならない為の予防です。もし病気になったとしても、前向きに対処することが健康復帰への最短コースです。また、病気になると非常に家族の思いやりに気づくことができます。素敵な家族の為にも病気にならない努力と前向きに立ち向かう心が必要です。病気に対する心構えは本人の気持ちしだいです。家族はそっと見守ることぐらいしかできません。つくづくと人間の無力さを痛感します。そんな家族に悲しみの顔をさせない為にも、自分を大切にしてください。
 ここで紹介する代替治療は、患者の精神的な苦痛と肉体的な苦痛をかなり和らげてくれます。言葉では代替治療となっていますが、これは治療の分野ではなく予防の分野だと思います。当然治療の分野でもかなりの効果はありますが、常日頃の健康への留意が必要です。

要注意
 ここに記載していることは、BOOKやネットなどで調べたことです。皆様の参考になればと思いますが、これが全てでもなく、このようなこともあるという一例です。その人の体力、体質、病気の進行具合、精神的なダメージ、意欲によって千差万別です。人には人それぞれの「通り」があります。この文面を記載するにあたり、引用したり参考にした本などは、最後に記載しますので是非皆さんも読んでみて下さい。また、ここに記載したのは現時点の段階で調べたことだけなので、ほかにもいろいろな方法があると思うし、新しい技術も日進月歩で出てきています。これだけを信じるのではなく、まずは自分で調べて納得して自分に合った方法を探すことがよいと思います。とにかく自分で調べてチャレンジすることがいい結果を導くと思います。

ガンと免疫
 がんの治療方法は大別して、外科(手術)療法、化学療法(抗癌剤)、放射線療法、免疫療法の4つになります。
・外科療法
 癌の摘出手術を言います。癌を患部より切除する事でその他の臓器に進行をしないようにしたり、部分的切除で体力の回復させ、違う方法と合わせて治療を行う場合もあります。
・化学療法
 抗癌剤を使う療法です。この治療には、完治する可能性の癌と部位によっては効果のでにくいものもあります。薬剤の種類によっては、強い副作用を伴う事もあります。国立ガンセンターのように専門的な化学療法専門医が必要です。
・放射線療法
 患部に放射線をあて、細胞を死滅させる療法です。周辺の正常細胞にも影響を与えます。しかし、最近ではピンポイントでの照射も可能です。手術の前後に併用する場合もあります。放射線治療でも様々な種類の放射線療法が開発されており、部位によってその方法も違います。
・免疫療法
 もともと人間の持っている免疫力を利用して副作用も少なく近年見直されている療法で、セカンドオピニオンとしても使われます。療法としては髄液を培養する方法や自然系食品、医学的健康食品、漢方薬など様々です。

 人間の細胞は60兆個以上あるとされており、そのうち毎日3000以上のガン細胞が発生しては、消滅していると言われています。こんなに沢山のガン細胞が毎日発生してもガンに至らないのは免疫システムによりガン細胞が消滅しているからです。しかし、免疫力が何らかの原因で低下すると一部のエリートのガン細胞が体内で増殖してガンの病巣をつくっていきます。
 現在、全体の総死亡者数は年間約90万人弱であるのに対して、ガンによる年間死亡者数は約28万人で、3人に1人がガンで死亡しています。10年後には年間ガン死亡者数は50万人になると言われガン死亡者が2人に1人の時代をむかえようとしています
 ガンの原因については、DNA異常、細胞分裂異常、免疫機能の低下などの他に、運動不足により血液循環が悪化しカラダの中で酸素不足が起きるためなどと言われています。ガンとは、何かしらの原因によって人間の正常な細胞が突然変異してガン細胞になり、そのがん細胞が増えていく(腫瘍になる)病気で、悪性新生物とも言われています。ガンを作り出す原因は、食生活や喫煙などの生活習慣に深く関係して、三大生活習慣病のひとつとされています。しかし、日頃の管理でこれらを予防することもできるのです。免疫力を高めることで健康の維持はできます。

免疫力のバランスが崩れるとさまざまな弊害が起こります。
例えば
・自己細胞の変質:代表的なものにガンがあります。死亡率が第一位。
・生活習慣病:代表的なものに糖尿病など。
・誤爆(自己免疫疾患):もし、味方(自分自身の細胞)を“敵”と誤認してしまったら、自分自身の細胞が破壊され、慢性的な炎症を惹き起こします。不幸なことにこのような疾患に悩む方が多数おられます。
・過剰防衛(アレルギー):スギ花粉のように無害な外来異物に対して、過剰な免疫反応が 生じると、不必要な炎症が惹き起こされます。

ガンの増加要因として以下の3つがあげられます。
A ) 高齢化が進み老化による 【 酸化、錆化(ひび割れ) 】
B ) 個人の問題 【 生活習慣、酸化、錆化(ひび割れ)、遺伝子 】
C ) 環境の悪化 【 発ガン物質の汚染社会 ストレス  】
一般的には、免疫とは病原菌や有害なものが体内に侵入してきたときに、これを攻撃、排除する働きを「免疫」といっています。専門的には自己(自分自身の細胞)と非自己(体外から侵入してくる敵)を区別して、非自己を排除する働きのことです。                       

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM