目次環境

環境

地球環境
 地球は私たちにとってかけがえのないものです。緑の大地、青い空、エメラルドグリーンの海、すべて私たちの生命を維持するものです。未来の子供たちにより良い地球を渡したいものですね。

 

主題 サブ 内容
地球白書 大量消費 大量消費が及ぼす影響
中国の水事情 中国が水に及ぼす影響など
中国の影響 中国が世界に与える水の影響
人口増加と水 人口増加が水に与える影響
気候変動の水への影響 気候変動による水への影響
土地の現状 農地からアスファルトへ
自然の価値 経済価値にすると
森林火災 激化する森林火災 森の重要性
バイオ燃料 バイオエタノール 石油に代わるもの
E3 混合率10%と国内動向
農業への影響 食糧危機の可能性
正味エネルギー エタノールを作るのに使う燃料は
穀物相場 穀物は不足するのか
水に及ぼす影響 深刻化する水事情
今後の予測 07/5/時点の影響は
トウモロコシの問題 永続的な利用は出来るのか
農業技術の革新 一番大切なのは土


環境メモ

蜜蜂の失踪 蜜蜂の死 コンビニ ミツバチ続報 消えたミツバチ
高速道路 磯やけ 日本ミツバチ モーダルシフト 食糧不足
食糧事情 インド干ばつ ロシア大干ばつ 4 5
3 4 5
3 4 5
3 4 5
3 4 5


ワールドウォッチジャパン転載承諾済み

水の高騰 中国水不足 消えたミツバチ 水戦争 登山が危険に
グリーンニューディール 魚の減少 海洋汚染 交通機関別Co2 海洋汚染
モーダルシフト 交通機関のCO2 エネルギー消費 大食するアメリカ 5
3 4 5
3 4 5
3 4 5


地球温暖化 08/10〜09/01

氷河融解 永久凍土融解 北極と南極 温暖化の原因 人為的要因
大気の成分 CO2の推移 炭素とは 炭素循環 炭素循環の量
地球の平均気温 気温1℃の上昇 気温2℃の上昇 気温3℃の上昇 5
気温4℃の上昇 海洋大循環 エルニーニョ現象 気象の三要素 海面上昇
影響まとめ 温暖化防止 炭素の吸収源 低炭素社会 出来ること
温暖化と農業 炭素蓄積 3 4 5

 

異常気象 2010/10−12

天候

気温

放射と面積

大気圧

低気圧

高気圧

気温と風

気温と気圧

断熱膨張

水蒸気

コリオリの力1

コリオリの力2

コリオリの力3

貿易風

偏西風

大気循環

上昇気流

前線

雲形

雲形10

降雨

かみなり

シベリア高気圧

移動性高気圧

太平洋高気圧

気団と高気圧

西高東低

南高北低

フェーン現象

春の天候

梅雨

夏の天気

台風

秋の天候

冬の天候

直接的な原因

間接的な原因

異常気象の図

異常気象表

異常気象と食料

ががにこにん


地球泊書2012

穀物在庫量2012 食料安全保障 穀物自給率 異常気象
CO2 海洋大循環 水資源 水産資源
森林資源 エネルギー 人口 格差
GDP 国債 国債格付け 外貨準備高
地軸と季節 地軸の変化 地軸の安定 月の誕生
月と地球

 

 


 

 

 

 

 




目次経済

経済、経理



経済・流通
 時代の流れとともに変化する価値観や販売システムを考えてみました。何を売ろうとしているのか、消費者は何を欲しがっているのでしょうか?

主題 サブ 内容
経済の理解 価格 価格の捉え方
デフレーション デフレの経済活動
デフレの対応 視点を変えて考えてみました
農業とデフレ 農業のデフレ脱却 価値を高めよう
市場法 中央市場法改正 市場流通の変化予測
戦後の流通 流通の変化 価値の時代移行
青果流通 青果の値決め
今後の流通 勝つ為の知識条件
付加価値の構成 付加価値の図式 行動と説明の価値
付加価値の構成 付加価値を表現しよう
ホスピタリティ産業 ホスピタリティとは サービスとの違い
食のホスピタリティ 安全と安心
ホスピタリティ産業 相互販売の図式
青果流通手数料 流通のしくみ 様々な手数料
その他の手数料 最低価格保証制度など
農業と雇用 農業と雇用のありかた 就農者を確保するには?
企業 企業価値と株主価値 自社株の保有はどう影響するか

 

 


近未来流通2008

 

 

近未来流通2008 燃料高騰の影響 消費動向 販売店では 産地北上
水資源・少子化 健康・格差 貿易・市場自由化 自給率・減反 飽和経済
資源インフレ 考察

 

 


消費ニーズとは

 

 

消費ニーズとは 消費ニーズの創出 消費者メリット トレサビリティ

 

 


倒産と自己破産

 

 

倒産 会社の再生 自己破産 自己破産処理
その他の方法 個人再生 弁護士への依頼

 

 


少子化とジェンダー

 

 

出生率 先進国と出生率 少子化 人口ピラミッド ジェンダー
女性の社会参加 出生率の低下原因 社会と子供 少子化 晩婚化
未婚化 環境整備 3 4 5

 

 


マクロ経済入門  2009/3/9-2009/4/22

 

 

GDP 付加価値 実質GDP GDPとの関連
三面等価 経済主体 貨幣経済 取引と経済
マクロ経済の視点 市場メカニズム 価格 均衡
物価指数 景気 景気動向 景気の波
インフレーション デフレーション 経済の挑戦 販売の分析
算式に見る経済


PBとNB 消費低迷 09/12/5〜09/12/25

消費低迷 デフレ対応 NBPB NB・PB比較
PBとデフレ 資本回転率 流動比率 粗利益低下
消費ニーズ

 

 

 

 

 

 

 

 


経済・社会メモ

 

 

 

 

固定費 コミテッド・コスト 経済と人件費 資本主義
自社株の相続 組織論 組織運営の原則 権限委譲
モチベーション モチベーション・マネージメント 組織の分化 相場
経済の行方 デフレと資金 デフレインフレ価値 自己資本比率と景気
2 3 4

 

 



経理、経営
農業も経営の時代に入っています。個人、企業とわず計数管理なくして経営はできません。ここでは数字について解かりやすく説明していきます。

 

 

経理 サブ 内容
数字の基本 算式の意味 足し算、引き算、掛け算、割り算
掛け算・分数の意味 分数の使い方
資産と財産 資産の意味するもの
現金とキャッシュ 使い道の違い
分数の計算2 分母の計算方法
粗利益の活用 粗利益の意味 粗利益は固定費を賄うもの
予算管理 固定費分配率の活用
変動費分配率 売上原価からみた売上の求め方
売上を科学する 売上の算式化 算式顧客支持率と客単価
顧客支持率 顧客支持率は顧客満足度
客単価 支持率と平均単価の関係
顧客支持率 商品の必要度合い
青果店の顧客支持率 青果で使う顧客支持率
顧客支持率の分析 支持する理由
算式の活用 支持率で選ぶ販売方法
経費科目と顧客人数 例えば在庫の調整
顧客支持率の重要性 経常利益と顧客支持率
課別販売管理 算式を使った課の分析
売上を増やすには 課別管理による売上増
算式の管理 目で見る管理指導手法
粗利益の管理 こんな管理表もできるよ
グラフによる管理 エクセルを使った管理
売上の理解 言葉での理解
販売エリア 販売力をエリアで考える
顧客とお客の違い 管理による違い
顧客の属性 顧客はどこに附属するのか
商品とは 商品の持つ意味
販売とは 問題解決の提案
商品説明 商品悦明は問題解決の可視化
チームワーク 売上は環境整備
貸倒に合わない為には 売掛金とは 売掛金の意味あい
滞留売掛金 滞留売掛金の発生原因
兆候 兆候と対応
回避するには 事前の対策
破産 破産手続き
会社更生穂と民事再生法 更正法と再生法の違い
資金繰りへの影響 資金の何処に影響するか

 

 



実践経理
農業も経営の時代に入っています。個人、企業とわず計数管理なくして経営はできません。解かりやすく実践で使える経理を説明していきます。

 

 

経理 サブ 内容
実践経理入門 経理事務 経営とは
貸借と損益 貸借と損益の関係
貸借と損益の関係2 資産とは
資金的売上と利益 売上と利益を資金から見ると
非資金的費用 支出と費用の関係
資金効率 資本効率と活用
簿記と経理 貸借のクセ
資産の部 資産の活用
資産の使い方 資産購入は投資そのもの
資産の活用 資産効率の追求
資産項目 流動性と固定性
資金的な流動性と固定性 資金の動きで区別
資産科目 現預金とは
資産勘定 売掛金〜固定資産
負債と資本 資金調達
資本の部 資本のいろいろ
他人資本 弁済の優先順位
資金の動き1 買掛金と売掛金の動き
資金の動き2 営業債権、債務の動き
資金の動き3 固定資産の動き方
バランスシート 貸借対照表はバランス
流動資金のバランス 流動比率で見る資金のバランス
黒字倒産 現予期の増加が命
赤字のバランスシート 流動比率をさげよう
その他のバランス 固定資産バランスと長期のバランス
勘定バランス 貸借のもう一つのバランス
損益計算書 利益の表示の仕方
損益の資金計算 損益での資金対照科目は
合計残高試算表 なんの合計のこと?
営業在高 営業在高とは 日々の資金繰り
在高0原則 営業資金の実例
在高の調整 在高の周辺環境を考えよう
回収支払いサイト 日数差の管理
在庫と未払い 雑営業在高による調整
営業在高 資金繰りはこれでok
表題 サブ 内容
販売分析 分析とは 分析の持つ意味合い
分析表 データーを表にしよう
読み取り方 表から何が見えてくるのか
算式の活用 分析用の式を作ろう
購入客数 算式の活用を知ろう
売上点数 点数のもつ意味とは
平均単価 販売単価の影響は
三つの表の比較 客数、点数、単価の全体で考えよう
比較検討 それぞれの力(店力、構成力、商品力)
客単価 客単価の意味合い
優先順位 何を優先すべきか
レジ客数 もっと深く探る為には
購入率 算式を工夫しよう
レジ通過客数 レジのもつ意味合い
商品支持率の利用 こんな活用も考えよう

 

 


消費税

 

 

仕組み 外税、内税 申告・納付・届出 基準期間 簡易課税制度
消費税の計算 端数計算 消費税区分 不課税取引 非課税取引
会計処理 2 3 4 5

 

 


個人事業主  09/4/24−09/5/22

 

 

個人と法人 利 益 青色申告・白色申告 必要経費
減価償却費 必要経費の算入 所得の計算 手取りの計算2
青色・白色申告の帳簿 青色申告提出書類 家計全体の手取額の計算 家計の手取額No2
妻の所得を計算 申告の判断 専従者での判断 消費税での判断


銀行取引

実質金利 実質金利全体 実質金利表 担保余力 包括根保証


製造業事業計画 10/1/07〜10/01/23

事業計画の意義 原価材料 水道光熱費 減価償却費
仕入事項 販売・利益 機械設備等 資金
損益計算 経費 キャッシュ・検討 長期計画
判定 添付書類


経理・経営メモ

債権譲渡 相続税 仕訳と行動 査定
査定の意味 2 3 4


消費税2013

消費税について 消費税対策 質の向上 栄養価
安全性 環境整備 仕入管理簿

目次 経済・経理

 目次  経済・経理


マイナンバー制度2016

語句説明 取扱い 配布説明 利用目的通知書
提出のお願い 提出届け 基本方針 誓約書
務士用 税理士用 就業規則 社内取決め
チェック表 パソコン処理 個人番号カード例 利用目的例
事務例 源泉徴収 雇用保険 行政スケジュール
扶養控除 個人事業主 チェック表 取締役会議事録
授受確認 特定個人情報取扱規程1 特定個人情報取扱規程2 外国人の取扱
取締役会ほか 法人番号のお知らせ

目次今日の一言

その他


今日の一言。
いろんなことがある毎日ですが、日常にある疑問や思いついた事について、考えてみました

約束 見積書 使い方と使い道 改善と改革 認識と行動
気をつけると気がつく 意識と無意識 目配り 閃きと予測 能力と脳力
共感と知識 給与、役割と分配 ミスとエラー 仕事 気配りと心配り
体験と経験 価値ってなに ・・がい ・・らしさ マズローの欲求
ちいさな夢 運とツキ 言い訳 失敗と成功 常識と非常識
管理する 手順書 目学問 考える手 使いやすい人材
三つの信 人事採用 納品書 正と反 顧客の生涯価値
情報とは 仕事 ジェンダー 性格と性質 会議
夢と出会い 冒険とリスク 目標と計画 アイドマ プラシーボ効果
プラシーボ効果2 貧困率と給与体系 組織とは 指示と指導 ナポレオンノ方程式
成功の方程式 価値の算式 シナジー効果 無理、無駄、むら 公平と平等
コスト、経費、費用 給与と報酬 働くということ 適正人員数 報告書とは
始末書 予測と予想 人材と人財 契約書 共存から共生
分かると解かる 反省と癖 習慣と慣習 自己主張 情報とは
コンピューターの使い方 使い方と使い道 ・・つもりで・・ 関係欲求 説明書とは
ゆとりと豊かさ ホスピタリティと質 見えてると見る 叱ると怒る 私のモットー
改善と改良 72の法則 家族と愛情 友達 資本主義と格差
能力給と格差 自分のお金、他人のお金 営業能力と商品知識力 年齢と高齢社会 人を動かすもの
段取り 人と人間 まじめと真剣 説得と納得 失敗と集中
理解とは 理性、知性、感性 競争の意味 常識とルール 意見と文句
格差と能力 特売 販売単価の決め方 自由 消費税の計算
起業と事業 仕事は不満足 ゆとり教育 ケチとセコイ 不満足の法則
ゆとりと効率 整理整頓 連帯と個人 給与 給与手当の意味
智に働けば・草枕 管理と指導 お付き合いと付き合い 説得と納得 言い訳
勝者とは 春闘 議論 テーマ 会社の4業
ビジョンと相棒 夢と年齢 組織力と能力給 自己防衛的会話 ルール
したいことと夢 フィールド 報酬と給与 職業 ディスカウント
職位 技術と技能 人口減少と円安 弁護 少年犯罪
人口データー 仕事と能力 国防と政治 冤罪と原因追求 能力給と固定費
まじめ 給料と賃金 仕事の三つの要素 コミュニケーション モンスターペアレント
子育てはビジョン 行動、選択、判断の基準 政治 心と脳の関係 私の考え方
売上と環境 難しさと危険 現実と理論 分析「率」 教える
クレーマー 使命 経済優先主義 勝負社会 銀行マン
営業とデスクワーク 自由社会 気づかいと心づかい 自由とは 三つの目標
常識 評価とは 成長 夫婦 怒り
アサーション 終着 メモ 雑用 自己責任
医師不足 統廃合 手段と目的 目的と販売 目的の遡及
給与の仕組み スタグフレーション 景気とは 守り 幼稚と稚拙
組織と人間関係 家庭と組織 人間的理解 趣味 知識と知能
能力とは 思うと想う GNH 褒めると叱る 行動と目標
予習と復習 広告宣伝費 粗利益率 心と脳 安心の方程式
学力とは 安全と安心 二つの光 安心の構図 三方よし
現実と真実 実力と練習 威光暗示 教養と知識 美味しく頂く
満足とは ありがとう 勉強と興味 3つの我慢 社会的我慢
社会貢献 屁理屈 知っている 5R 会社の意義
フィードバック 計画書の意義 顔の見える関係 豊かさと自然 ゆとり
余裕とゆとり 責任と保身 リーダー 無駄とは 資本主義
契約書の意義 計画書の意義 気がつく 燃料サーチャージ 先見性
練習 経済価値 成人 セパレート社会 ミツバチの失踪
限界集落 人件費 結果と数字 パラダイム 知識と行動
責任とは のれんと責任 のれんとプライド 寿命と責任 つち時間
命の糧 成果と結果 一人暮らし 常識と規則 責任とチェック
能力給の歪 退職金と暖簾分け 危険 経営理念 仕事の定義
落書き 運と利 省くと削減 出張報告 社会保険
理論と理屈 勉強と自分軸 見えない契約 情熱 便利とは
ノルマ撤廃 ノルマ2 景気と消費 コーチング パスカル
文句と意見 報道 仕事と目的 平等と役割分担 黒字倒産
行動 遊びと学び 勝者 三すくみ 情報処理
基本と基礎 「が」と「も」 失敗 寿命と生き方 道具と技量
わかりあう 批判と意見 仕事の量と質 忙しいと余裕 マナーとワンルーム
今むかし 協力と助け合い 罪と罰 誇りとプライド ワークライフバランス
実在主義 改善の基本 勝負と記録 利他的行動 草食系男子
自己不満 できる人 目利き 本気 顧客満足とは
消費価値 責任とは 値段と感謝 睡眠とリスク 寿命と年令
勝負と記録 ネガティブとポジティブ ポジティブ2 家族の三要素 ・・たるもの
群集心理 PM理論 経験曲線効果 比較判断 ゼロの概念
便利って? 進歩と実在感 算式 福祉 対応と対策
ITと責任 組織論 お金の価値 価値観 経済の行方
時間を楽しむ 目標設定 段取り 謝罪 まじめと真剣
優しさ デフレと高速 改善効果 リスクと責任 改善目的
〜たるもの 愛情 立場 定価と値段 分析と解析
値引きと価格 ありがとう 本気度 営業マン 利用と使用
個人と企業 役割と連携 信頼関係 メモる 命令・確認
仕事の定義 叱ると怒る 算式と行動 わかる 交通事故
マナーと評価 楽しむ 工夫 三つのき 人間と人
夢と現実 子供と本音 言葉と手紙 ルールと法律 採用して困る人
我慢と忍耐 現代常識 おもてなし 悔しさと躾
昼休み コストと効率 組織と個人 戦略 人生って?
効率の評価 効率と安全性 大丈夫と自立 心と行動 ニーズと売上
もったいない 本気度 相手への能力 保険の意義 常識の定義
お金の価値 改正割賦販売法 定義と意義 信頼できるもの  七楽の教え
お蔭様で 目標達成 謝罪て? 目標達成 対応と対策
変化 ビジョン やる気と意欲 職場と仕事 文句と意見
ほうれんそう コミュニケーション

目次 今日の一言 No2

 今日の一言 No2

日々の中で感じたことに対する疑問などをなんとなく認めてみました。

価値と重さ もったいない 改善と工夫 性質と性格 三つの常識
納得 責とは 在庫管理 命の値段 BOPビジネス
チェックとは 使い方と使い道の違い 行動の絆 鮮度と価値 孤独
CPと情報 助け合い 植林 アナログとデジタル 問題解決
明日もまた生きていこう 技術と技能 決算書 結婚と離婚 苦労と努力
変化と能力 三つの規則 書くということ 組織的共有 組織的共有2
仕事とは 曖昧 当たり前と満足 グローバル化 グローバル化とTPP
グローバル化の本質 躾と家庭 ゆとりと能力 順位 国家とは
躾の目的 がいの概念2 等と外 感想と感情 一生と生涯
1私のモットー 運命 運命とは 削減と効率 運命とは
削減と効率 経済と効率 今を生きる 体罰
人気と支持 義理 便利と利便 仕事 業界
老ける 人災 会社勤め 人について 業務
経営 体罰とは 指導とは 道徳的社会観 未来の子どもたちへ
お金とは 潜在的価値 お金の重み コストとは コストの意味
活用と利用 便利と愛情 人は城・・ <

目次 今日の一言3

 今日の一言 No3

日々の中で感じたことに対する疑問などをなんとなく認めてみました。

割り算 分数 自分発見 数字とは? 感動とは
常識 記事 やりがい 人望 能力と人格
ビジネ能力 知能指数 賃金と人間 雑学とチャンス 雑学とチャンス
節電と電力 節電と電力2 節電と新電力 仕事 改善
情報の使い方 友達と友 忙しいは言い訳 性格 性格2
人間性 人間性漢字 バランス 人格 人格2
失敗 失敗2 失敗3 失敗4
失敗5 思いやり 一期一会と運 運とツキ 出会いとチャンス
出会い チャンス 運との出会い タイミング チャンスを生む
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5

 

 

 

 

 


その他

 


ブログで困ったこと
 このブログを初めて解からなかったことを書いて見ました。

主題 サブ 内容
ブログで困ったこと 画像がupされない upの意味が解らなかった
表の作り方が解らない TAGで学ぼう
作図の仕方が解らない エクセルを活用しよう
画像がでかすぎる ペイントで圧縮
画像の処理が上手くいかない フリーソフトを活用しよう
画像のサイズの調整 ペイントでサイズを決めておこう
画像上でメッセージ ポインターが画像上に来るとメッセージがでます
表の回り込み 表3つを横一列にするには
背景に画像を貼りる 表の背景に画像を使いうには
リンクの文字の色を変える 下絵と重なって文字が見えない
画像の容量が大きい 解像度を落として分割
移動するには ページの途中の指定した場所に移動するには
新たにジャンプするには ジャンプと移動の違い
プリンターヘッド 詰まったら洗ってみては
???? ?????


PC関連

 

 

確認君 自動切替 こんな場合は 有線を優先する
メトリックの設定 無線の設定
表題
表題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



番外
番外です。

 

 

 

 

 

 

新会社法 夜のドライブ 自賠責と労災1 自賠責2 自賠責3
自賠責4 自賠責5 自賠責6 自賠責7 覚低走行
行題2 D
行題3 D

 

 


 

 


目次 言の葉

 

         目次を作りました。順番に見てね
 




言の葉

 人は言葉で会話しますが、実際のコミュニケーションは態度です。言葉と態度にギャップがあると騙されたり、信用をなくしたりします。また自分自身の気持ちや行動にしても思っていることと行動が結びつかないことがあります。なぜこの様な食い違いが出るのでしょうか?それは言葉を理解していないのではないでしょうか。言葉には感情を表すものと態度を表すものがあります。しかし、実際に言葉を使うときには使い分けされておらず、そのことが理解されていない為、現実と発言との間でギャップが生じます。そこで日頃使う言葉を感情用語と行動用語とに分けてみることにしました。感情用語は気持ちの問題で行動用語は態度で示すものです。口は自分の都合のいいことを言いたがります。しかし、本心は態度で表されます。私たちは言葉でその人を判断します。判断するのは言葉でなく態度です。言葉は建前、本音は態度です。

 感情用語は行動に変えてこそ初めて評価されるものです。会社で必要なことは言葉でなく態度です。仕事では思考を行動用語で考えましょう。

 

感情用語 行動用語 感情用語 行動用語
まじめ 真剣 言い訳 反省
分る 解かる 信用 信頼
安心 安全 知識 智恵
建前 本音 好き
怖い 震える 悲しい 泣く
希望 目標 思う 考える
見る 読む 心配 心配り
楽しい 楽しむ プライド 誇り
計画 段取り 歓迎 おもてなし
対策 対応 ゆとり 余裕
偉い 賢い 信条 信念
習う 学ぶ 協力 団結
美味しい 旨い 怒る 叱る
出来る する 体験 経験

 

 


言葉の方程式
 数字は色々なことを意味しています。結果であったり傾向であったり、予測であったり様々です。しかしその数字を活かすにはその数字の導き方が分らなければなりません。ただ単に結果だけでは、その結果がどのような工程で導かれたかは分りません。数字を知ることは、その導き方法を探索することであり、その算式が色んな意味を持つことになります。算式を知ることは、その傾向や性格を知ることとなります。では私たちが日頃使う言葉を算式かすると、自分の人生を変えることが出来るかもしれませんね。言葉の意味を知ると言うことは、行動をけると言おうことになり、強いては結果を自分の手で変えていくということになります。このように考えると自分の人生を良きものとするためには、行動原理を知るところからはじめなければなりません。

 言葉=は、その物事に対する度合いを表し、算式はその他人の性格を表しています。つまり言葉の算式はその他人の性格を係数にしたものです。自分の性格を知ることで自分の行動を変えましょう。

言葉の算式

 

 

言葉 算式 内容
成功 = 欲望 相手の気持ちに応えるほど支持を受けて、成功が近くなる
自分の欲望−相手の欲望
効率 = 効果 工夫することが大切
銭×時間
理解 = 会話 話を聴くことでその人の考えが分る
自分の話−相手の話
説得 = 会話 相手の立場で考えること
自分の気持−相手の気持
達成 = 目標 事前の準備と行動が決め手
計画−段取り
パートナー= 相手の満足 双方の信頼関係が大切
自分の満足
本気度 = 行動 信念をもってあたれ
気持ち(言葉)
言葉 =
言葉 =
言葉 =

 

 

言葉 算式 備考
満 足  = 商品 + 取扱説明 誰にでも分る説明が大切
使用価値 = 使い方 + 使い道 使うと言うこと
達 成 = 計画 + 段取り 行動を起そう
常 識 = 知識 + 行動 自分が常識ではない
智 恵 = 知識 + 行動 工夫すること
成 功 = 行動 + 仲間 人に接するほど支えられる
戦 果 = 装備 + 兵力 + 戦略 三つの力が必要
チャンス = 知識 + 行動 + 人 勉強し人と多く接するといいいかも
冒 険 = 計画 + リスク回避 状況判断が大切
冒 険 = 技術 + 調査 + 判断 力量にあったものを
楽しむ = 時間 × 苦労 × 工夫 但し好きが条件
好き = 楽しむ × 夢 夢が無いと続かない
工夫 = 制限 + 智恵 不満足から生まれます
サービス= 感謝(建前)+態度 販売促進
おもてなし= 感謝(本心)+態度 真心
信頼= 責任+過去の行動 責任は感じるのではなく果たす
思いやり= 心配+(−迷惑) 迷惑をかけない
連絡= 常識+思いやり 相手の気持ちになること
意欲= やる気+能力+目的 やる気だけでは成長しない
行題1 B
行題1 B
行題1 B

 

 

 

 

 


算式を作ろう
     言葉の算式
     言葉の方程式
     算式を作ろう
     分数
     掛算






個人と企業の違い

 

 

 

表題 個人 企業
理解 分る 解かる
わける 分る 分配
協力 団結
集団 同胞 組織
秩序 常識 コンプライアンス
思考 感情 役割
結末 結果 成果
目的 満足 利潤
責任 個人 連帯
判断 個人的 全体的
述べる 気持ち 意見
使命 守る 果たす
行動 自由 協調
信念 プライド 誇り
プレー 個人 連携
道具 使い方 使い道
語句 A B
語句 A B
語句 A B
語句 A B

愛と愛情

お久しぶりです。超多忙、、、たまにはアップしないとね。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

愛と愛情2016

 

最近社会に愛が少なくなってきているように感じるのは私だけなのか?

何か上辺のことばかりを杓子定規に取り立てて、根本的な人間としての道徳(心)がないように思えます。気のせいかな??

そこで愛について考えてみた。

 

大人の男女の愛は肉体の触れ合いです。触れ合う時間が長いほど愛も深くなっていきます。

これを言葉の算式にすると

ふれあい × 時間

触れ合うことで心も強く繋がっていきます。

 

長く一緒にいると情が湧いてきます。愛と情は別物です。愛は自分の気持ちを大切にしていますが、情は相手の気持ちを汲んだものです。

人も物もそうですが手をかけるほど情が移ります。野菜も手をかけるほど情が移ります。

 そう考えると

手間暇 × 時間

 

では、愛情はどうでしょうか

愛情 ふれあい × 手間暇 × 時間

家庭では一緒に暮らした時間、手間暇かけて育てた時間、家族で手をつないだ時間らが、愛情として培われます。触れ合う時間がすくなかったり、知らん顔をしていたり、会話がなかったりすると、愛情も薄れます。

 

 子供に対しては、さらに見守るが入ります。幼少のころはふれあいですが、子供が大人になってくると、やや距離ができて見守ることが増えてきます。

  愛情 見守る × 時間

いつでも、近くでそっと子供が成長していくのを見守り、助言や修正してあげることも愛情です。

 

もっともっと愛を愛情を大切にしていけるようになりたいものです。

 

 

平成281217

 


プランとプランニング 2

プランとプランニング 2

目次を作りました。順番に見てね

 

プランとは

プランは目的を遂行するために、目的を各工程に分けて区分化し、その区分を時系列的に並べ段取りとし、期間内に収めるために段取りを時間で区切ったものです。期間内に成果を出すには手順良くしなければならないので、下調べの時間や調査、根回し等が必要となります。

言葉の算式では

段取り=各工程+・・ / 目的(計画) ×順位

プラン=段取り / 期間 ・・手順

 

 

プランニングとは

計画をその場の状況や環境に応じて臨機応変に対応するのがプランニングです。プランニングでは情報収集と分析を行い、決められた期間内に決められた成果を発揮できるようにしていかなければなりません。そうすると直接的な関連はなくてもその進捗状況は把握しておかなければなりません。よって各部署とのコミュニケーションをしっかりとり意思疎通を図って現状を共有化していかなければなりません。

 

言葉の算式では

プランニング プラン × コミュニケーション

 

コミュニケーション能力が低いと時間やお金が係ったり、十分な成果を得られないことになります。

コミュニケーション能力こそがプランニングと言っても過言ではありません。

コミュニケーション能力こそが成果の決め手となります。コミュニケーションが取れていないと物事が潤滑に流れないことになります。

 

コミュニケーション

コミュニケーションでは、双方の認識に相違がないこと、思惑通りであること、期間などの条件をクリアしていることなど準備や手順の確認をその都度行い、計画を共有化することが大切です。

また、双方が記述による確認をして、その経過と進め方、理解に勘違いがないようにしておくことが重要です。勘違いや思い込みがミスを招き、相違となって現れます。ああいったこう言ったではなく間違いがないようにしておくことが責任を果たすことになります。解っているようで解っていない、伝わっているようで別の伝わり方をしているなどよくあることです。プランニングではそのようなミスをなくすことを目的としています。

 

 

戦争でいえばプランは作戦、プランニングは戦略となります。

 

 

こんな感じでどうかな?


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM