<< 2009食料・農業・農村白書No5 | main | 2009食料・農業・農村白書No6 >>

高速道路

 目次を作りました。順番に見てね
 



 

高速道路1000円通行と二酸化炭素

 高速道路の土日、祭日等で高速料金が日本全国一律1000円となって5ヶ月が過ぎました。しかし、疑問に思うことがあります。お盆の連休に高速で遠乗りをしてみたのですが、やたら車が多いこと。これって二酸化炭素の排出量がかなり増えているのではないでしょうか。先日のニュースでは高速道路1000円における年間の二酸化炭素の増加量は260万トンにもなると言っていました。 もし、これが無料化となるともっと二酸化炭素の排出量が増えることになり、その排出量は960万トン/年にもなるとか。びっくりですね。京都議定書はいったいなんだったのだろうかと思います。これは現在の二酸化炭素の排出量の4%程度になるとか? 二酸化炭素を減らすどころか経済を優先するばかりに、環境の悪化を犠牲にしようとしています。いったい何がしたいのでしょう? 

 高速道路が1000円や無料になることは有難い事ですが、高速道路の意味が薄れてしまいます。安いことが当たり前だと高速道路の有難さを感じなくなってしまうのではないでしょうか。高速道路は時間をお金で生精算するものです。つまり時間をお金で買うということですが、渋滞がやたら多くなるとその意味合いが薄れます。

経済を優先することと二酸化炭素の問題をどのように考えればよいのでしょうか?アメリカが京都議定書に同意しないことも、高速道路を安くすることも経済を優先することを明確に態度で示したものです。これは経済と環境が相反する関係に位置していることを意味しています。このような状況であることをもっと国民に知らしめてきちんとした態度を取るべきではないでしょうか。闇雲に安くすることは政治家の票集めとしか理解できません。二酸化炭素の排出量の削減と経済効果を望むならば、流通を活発にさせるためにトラックの高速代を下げたほうが良いのではないでしょうか?トラックの高速道路の利用率が増えると、企業の益金の増加の元ともなり、税金も社員の所得も向上することになります。また、安定した走行では燃費も向上し二酸化炭素の排出量も抑制することが出来ます。更に、高速道路の活用によりトラック輸送の時間短縮にもなり、その短縮分が二酸化炭素の排出量を抑制することになります。

目的が不明確になるとデメリットのほうが大きくなることもありますね。値引きした分の高速料金は税金で補填されます。財政が破綻しているのに未来の子供たちに「つけ」を回そうとしています。自分たちの子供に大きな負担を掛けることは極力したくない行為ですね。

 

平成21818

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM