<< 今後の食糧戦略2009 No18 | main | ポジティブ No2 >>

ネガティブとポジティブ

   目次を作りました。順番に見てね
 

今日の一言
 
 



ポジティブとネガティブ

 ポジティブとは積極的な、肯定的な、などと言う意味があります。対してネガティブは消極的な、否定的な、マイナス的な と言った意味合いです。農業でのポジティブリスト制は使用してよい農薬を決めています。今まではネガティブで使用してはいけない農薬を決めていたので、使用できる農薬に幅がありました。ポジティブリストでは使用できる農薬を決めているので、それ以外の農薬を使うことは出来ません。また、使用していなくても他のところからの付着で許可されていない農薬が検出されてもいけません。ポジティブリストは「使用してよい」農薬を決めているので今までよりも規制が厳しくなったことになります。ネガティブ制度では「してはいけないこと」を決めています。

 このポジティブとネガティブの使い方は、軍事においても同様です。日本の自衛隊はポジティブ制なので誰かが犠牲にならないと反撃は出来ないということです。目の前で起きていることを認識しても手も足も出すことは出来ません。つまり、自衛隊では武器の使用は、○○の場合は使用してよいというようになっています。逆に言うと○○の場合以外は使用できないのです。世界の軍事においてはネガティブ制が原則です。武器を使用してはいけない場合を決めているので、咄嗟の時の対応が臨機応変に出来ます。自衛隊法では咄嗟の対応が出来ないことになります。

 警察でも事件にならないと行動が起こせないのは、ポジティブ制だからです。つまり事件に対する予防処置は、事件が発生していないので取ることができないことになります。スピード違反でも違反を起こした人を罰することが目的となっており、予防という面では、事故を未然に防ぐことが目的にはなっていません。

 会社のルールではどうでしょうか? 自分の会社の規則を今一度考えてみることも面白いと思います。 ポジティブ制は規制が厳しく、ネガティブ制では応用が利くということですかね?

 

今の時代、現状を踏まえてどのような考え方が良いのでしょう?

 

平成21626

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM