<< 交通機関別二酸化炭素 | main | 睡眠とリスク >>

値段と感謝

目次を作りました。順番に見てね


値段と感謝
 昨日テレビで背広1着945円というニュースが流れていました。びっくりです。こんなに安く出来るのだろうか? 物の価値はいったいどうなっているのだろうか? 安いことは確かにいいことですが、経済的に考えてみるとデフレそのものです。物の価値が下がりすぎているように思えます。材料を提供してくれた者、加工をしてくれた者などの気持ちはまったく無視されているように思えます。一所懸命にやってこんなものなのかと感じます。デフレがデフレを呼んでいる様に思えます。まさにデフレスパイラルに自ら突入しようとしているようです。Aさんが作ろうとBさんが作ろうと手間隙には変りがありません。ただ作った国の賃金が違うだけです。この違いが大きすぎると格差社会を生むもとになるように思えます。価値が地域によって変るのはいったいどういったことなのでしょうか? 安い値段には生産者の努力がまったく反映されていないように思えます。経済ばかりを優先して、生産者の立場を無視しているかのように思えます。
 値段を感情的に考えた場合、その中には生産者に対する感謝の意が組み込まれているのではないでしょうか。 「値段 = 商品 + 感謝」 だと思うのですが。 度が過ぎた安すぎる値段からは「感謝の意」を汲みとることができません。つまり作ってくれて「ありがとう」という「尊い気持ち、相手を思いやる気持ち」がそこにはないように感じます。これも今の時代、社会を反映しているのでしょうか? もっと人間としての尊厳を大切にする心が必要ではないでしょうか。安ければいいのではなく、安くても感謝の意があることが大切ですね人として。売る側はもっと人としての社会作りを意識した販売方法を考える必要があるのではないでしょうか。

安いだけのものでは、感謝の気持ちや大切に使う気持ちがなくなってきます。安いことは確かに有難いことなんですが。問題は生産者と消費者のバランスだと思います。お互いが感謝する気持ちがお互いを支えあい社会を支えあっているのではないでしょうか。経済優先主義では、人間性が薄れていくばかりのように思えます。


平成21年5月29日

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM