<< 個人事業No12 | main | 個人事業No14 >>

個人事業No13

目次を作りました。順番に見てね


個人事業No13
家計全体の手取額の比較

家計全体での手取額を実際に比較して見ましょう。
計算期間  平成20年1月1日から平成20年12月31日
家族構成  主人(青果小売:S36,3,5   47歳)
       妻(専業主婦:S40,11,23  43歳)
 長男(高校生 :H3,6,5   17歳)
 長女(中学生 :H5,9,3   15歳)
年 収    1365万(税込み)・・・課税標準額1300万
経 費     840万(税込み)
消費税   簡易課税制度
生命保険    10万
国民健康保険  36万
国民年金    50万

妻の収入を入れた家計全体での手取額の比較
消費税 簡易課税制度
申告 白色申告 青色申告
項目例1例2例3(簡易簿記)例4(複式簿記)
売 上13,650,00013,650,00013,650,00013,650,000
必要経費8,400,0008,400,0008,400,0008,400,000
妻給与860,0002,400,0002,400,000
消費税相当分130,000130,000130,000130,000
青色申告特別控除100,000650,000
事業所得5,120,0004,260,0002,620,0002,070,000
社会保険控除860,000860,000860,000860,000
生命保険控除50,00050,00050,00050,000
配偶者控除380,000
扶養控除760,000760,000760,000760,000
特定扶養控除250,000250,000250,000250,000
基礎控除本人380,000380,000380,000380,000
所得控除2,680,0002,300,0002,300,0002,300,000
課税所得2,440,0001,960,000320,0000
所得税146,50098,50016,0000
住民税248,000200,00036,0000
事業税0000
店主手取額4,725,5002,421,5002,668,0002,720,000
例2との差額246,500298,500
妻への支出(2,400,000)2,400,0002,400,0002,400,000
妻 所得税56,00056,00056,000
妻 住民税116,000116,000116,000
妻 手取り額(2,400,000)2,228,0002,228,0002,228,000
家計全体の収入4,725,5004,649,5004,896,0004,948,000
例1との差額-76,000170,500222,500
妻が払うべき保険料や生命保険の支払いは計算に入れていません。
また、妻の所得から控除すべき社会保険料、生命保険料等も計算に入れていません。
住民税に森林環境税500円と調整額を含んでいません。実際の住民税では住民税と所得税での控除の額が違います。ここでは安易に同じで計算していますので注意してください。


家計全体での収入として捉えると
妻に給与を払うことは、妻に収入が発生することになります。収入が発生すれば、所得税と住民税が発生することになります。つまり、妻に収入が発生すると妻も納税者になりますので、妻の手取り額は240万にはなりません。

因みに妻の所得税は
所得税の計算方法により妻の給与所得の計算をします。
2,400,000÷4=600,000
600,000×2.8−180,000=1,500,000
(上記は所得の計算は「所得税法別表第五」により算出、所得控除の速見表からでも計算できます
給与等の収入金額(給与所得の源泉徴収票の支払金額)給与所得控除額
1,800,000円以下収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超    3,600,000円以下収入金額×30% +  180,000円
3,600,000円超    6,600,000円以下収入金額×20% +  540,000円
6,600,000円超    10,000,000円以下収入金額×10% + 1,200,000円
10,000,000円超収入金額× 5% + 1,700,000円
国税庁

所得税の計算
基礎控除  1,500,000−380,000=1,120,000
所得税   1,120,000×0.05=56,000円
実際の住民税では住民税と所得税での控除の額が違います。ここでは安易に同じで計算していますので注意してください。実際の基礎控除は33万です。比較の都合上38万で計算しています。

妻の住民税は
1,120,000×0.1=112,000 均等割り4,000
住民税は116,000円となります。(森林環境税500円、調整額含まず)
妻に給与を支払うと所得税56,000+住民税116,000=172,000
よって妻の納税額の合計は172,000円となります。
よって妻の手取りは2,228,000となります。

例2の場合での家計の総所得は
 店主の手取りは2,421,500ですので、妻との合計での家計の所得は4,649,500円となります。そうすると例1の家計の総所得4,725,500円より、手取りが76,000円ほど低いことになります。このように計算してみると家計全体での収入を考えると、白色申告の事業専従者控除を利用しないほうが家計全体では得となります。この場合だと青色申告をしたほうがいいですね。

注意ここでの計算は簡易的にやっていますので、妻の国民保険などは考慮していません。国民保険も支出となりますので、実際の妻の手取りは計算より低いことになります。また、店主の住民税の計算では扶養控除の人数分の控除は計算していませんので店主の実際の住民税は計算よりまだ安くなります。

実際には扶養家族や家族従業員への給与額などによっても異なりますので、申告する前にはきちんと試算を行い、自分の家計ではどのパターンが得か調べてから申請(届出)をしたほうがいいですね。

因みに
北海道の住民税のシミュレーション

関市の住民税の所得控除

住民税は地方税なので、実際に計算される場合は各市町村でご確認下さい。

確定申告には青色申告者は「青色決算書」、白色申告者は「収支内訳書」を添付しなければなりません。申告者が独自に作成したものは駄目です。
 
決算書、収支内訳書は次から入手してください。
国税庁 申告書・申告書付表と税額計算書等 一覧(申告所得税)

お勧めリンク
小さな会社の経理担当者、個人事業者の税務&経理実務の応援サイト

上記HPの青色申告と白色申告

上記HPのフリーソフト


平成21年5月19日




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM