<< 個人事業No10 | main | グリーンニューディール >>

個人事業No11

目次を作りました。順番に見てね


個人事業No11
手取額の比較
 下記の通り例1〜例4での条件で手取りの比較をしてみます。また、家計全体での比較もしてみて、どの方法が得か考えて見ます。
例1)白色申告
計算期間  平成20年1月1日から平成20年12月31日
家族構成  主人(青果小売:S36,3,5   47歳)
       妻(専業主婦:S40,11,23  43歳)
 長男(高校生 :H3,6,5   17歳)
 長女(中学生 :H5,9,3   15歳)
年 収    1365万(税込み)・・・課税標準額1300万
経 費     840万(税込み)
消費税   簡易課税制度
生命保険    10万
国民健康保険  36万
国民年金    50万

例2)白色申告で 上記条件で妻への給与240万
例3)青色申告で 例2の条件で簡易簿記を採用
例4)青色申告で 例2の条件で複式簿記を採用

では、納税額の計算して見ます

例1〜例4での消費税の計算
条件 簡易課税制度
   課税売り上げに係る消費税の計算
1300万×0.05=65万
   みなし仕入額 1300×80%=1040万 (小売業のみなし仕入率は80%)
   納付すべき消費税 1300×5%−1040×5%=13万
  みなし仕入率
第一種事業(卸売業)      90%
第二種事業(小売業)      80%
第三種事業(製造業等)    70%
第四種事業(その他の事業)  60%
第五種事業(サービス業等)  50%

   納付すべき消費税を簡単に計算する方法は、
標準課税額×税率×(1−みなし仕入率)=納税額
      1300×0.05×(1−0.8)=13万
1−仕入率は
第一種事業(卸売業)      10%
第二種事業(小売業)      20%
第三種事業(製造業等)    30%
第四種事業(その他の事業)  40%
第五種事業(サービス業等)  50%

利益の計算
 例1での利益の計算。上記の消費税の計算では、みなし仕入額を1040万と算出しました。しかし例1の必要経費は840万です。みなし仕入額は消費税の計算上の事なので利益の計算とは別物です

 利益の計算は、税込みと税抜きの二通りで計算することが出来ます。また簡易課税制度を申請している場合は、消費税額を経費として計算します。
税込みでの計算
年 収      1365万(税込み)
経 費       840万(税込み)
消費税相当分   13万
利 益       512万
税抜きでの利益の計算
 簡易課税制度での消費税の納付額は13万ですが、税抜き(外税)で計算した場合だと65万―40万=25万が消費税額となります。そうすると納付する消費税額13万と外税での消費税額25万との間に12万の差が発生します。この金額は収入として加算します。
  年 収   1300万
  経 費    800万
消費税調整    12万
  利 益    512万
税込みでも税抜きでも利益は512万と同額になります。

平成21年5月15日


 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM