<< 寿命と生きざま | main | 目利き >>

勝負と記録

目次を作りました。順番に見てね


勝負と記録
 勝負に強い人が記録保持者とは限りません。また、記録保持者が常に勝とも限りません。勝負に強い人は駆け引きに強く、記録保持者は自分に強いのではないでしょうか?また、また、上位に常にいる人は記録と分析に強いのではないでしょうか。
 現在の競争は高度化してきており、すべてが記録と分析です。勝つ為には常に記録が出せる環境を整えておかねばなりません。一つ一つの勝負は一過性の出来事ですが、継続的に上位に居るためには、記録分析と技術の更新が必要です。企業も長く生きていくには記録管理と分析が必要ではないでしょうか。整理整頓が出来ないことは、今後の競争に影響を与えます。

平成21年4月15日

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM