<< できる人 | main | 経済入門No12 >>

経済入門No11

目次を作りました。順番に見てね


経済入門No11
景気動向
景気循環の長さ
 景気の周期が波長で表されますが、その波長にはキチン波・ジュグラー波・クズネッツ波・コンドラチェフ波の4つのパターンがあります。

キチン波
 キチン波は約40ヶ月の短い周期での景気循環で、企業の「在庫投資」が起因とされ、在庫循環とも呼ばれます。ほかに小循環、短期波動とも呼ばれたりします。在庫循環は生産と在庫の組み合わせによりできます。
生産増在庫減:生産が増加し出荷を上回る為に在庫が増加する状態で、景気拡張の末期
生産減在庫増:生産過剰が調整され減産となるが、依然として出荷を上回る為在庫は増加する。景気後退の初期段階。
生産減在庫減:生産が減少し出荷が在庫が減少する。景気の後退末期
生産増在庫減:出荷が回復し在庫が減少する景気拡張の初期

ジュグラー波
 ジュグラー波は約10年の周期を持つ景気循環で、企業の「設備投資」が起因とされ設備投資循環とも呼ばれます。ほかには主循環、中期波動とも呼ばれます。
供給面での設備投資は経済の生産力を高めることで、労働生産性が上昇し潜在成長率を高めることが出来ます。供給により需要が高まり、需要の増大は新たな設備投資をもたらす。
 企業は投資することでキャッシュフローは赤字となっても、投資効果で利益は黒字となる。設備を供給した側にとっても利益は黒字となるので経済は上向きます。逆に設備投資の効果が得られないと利益は低迷して経済が停滞します。

クズネッツ波
 クズネッツ波は約20年の周期を持つ景気循環です。「建築物の需要」が起因とされ建築循環とも呼ばれます。住宅などの建て替え期間に相当し、子が親になるまでの期間に近いことから人口の変化にも起因するとも言われています。

コンドラチェフ波
 コンドラチェフ波は約50年の周期を持つ景気循環で、「技術革新」が起因すると考えられています。ほかには大循環、長期波動とも呼ばれます。技術革新としての第1波は産業革命、第2波は鉄道建設、第3波は自動車や電気の発達によるものとされている。また、この背景に戦争があるともしています。

平成21年4月7日



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM