<< ミスとエラー | main | 戦後の流通変化 >>

農業環境

目次を作りました。順番に見てね

農業と環境  
最近の農業環境
1、気温
  ゴダート宇宙科学研究所のデーターによると、1951年から1980年の1月から11月までの平均気温は14℃でした。最近の世界の平均気温は、1980年代で14.26℃、1990年代は14.38℃、2000年から2002年の3年間の平均気温は1.52℃と上昇を示しています。
 「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」では、今世紀中に平均気温は1.4℃から5.8℃の間で上昇すると発表しました。下限予測の1.4℃の場合、21世紀の気温は10年ごとに0.14℃上昇することになり、これは20世紀に観測された20年後との気温上昇にほぼ匹敵します。上限予測の5.8℃の場合10年ごとに約0.6℃上昇することになり、地球事態の生態系に重大な影響を与え、生態系が支える経済に甚大に影響を及ぼすことになります。
 気温と米の受精について、34℃で100%の受精が40℃では0%になります。米国農務省の科学者たちも同様に気温と受精の関係を見出し、最適温度から気温が1℃上昇すると、穀物の収穫高が10%低下するということを科学的な目安としています。

2、人口と作付面積

 農業が始まってから20世紀半ばに至るまでに、世界の食料生産は主に農地の拡大によって増加してきました。穀物作付け面先は1950〜1981年の間に58,700万haから史上最高の73,200万haになったが2000年までに65,600万haに減少しました。一方人口は1950年に25億だった人口は2000年には61億になり、結果として一人当たりの耕地は0.24haから0.11haまでに縮小しました。
 一人当たりの穀物作付面積を見てみるとマレーシアは0.03ha、日本・韓国・台湾は0.02haを切り、これら4国は消費穀物の70%を輸入に依存しています。中国でも一人当たりの穀物作付面積は1950年の0.17haから0.07haまで激減しています。
世界的に見ても作付け面積の減少傾向にあり、人口とのバランスが問題視されています
 地球上の耕作可能な土地の大部分はすでに耕されているうえ、経済の発展に伴い土地は舗装され建物が建ち耕作地はますます減少しています。このようなことからも世界の穀物の作付面積が回復する見込みはなく、また人口増加は拍車をかけています。1950年から90年の土地生産性の年間上昇率は2%でしたが、90年以降は1%前後まで低下して来ています。一人当たりの穀物作付面積が減少するなか生産性も低下してきているのが現在の状況です。

3、水
 昨年3月日本で第3回世界水フォーラムが開催されたことは、ご存知でしょうか?公式な議論の的は水不足ですが、間接的には食糧不足に焦点が与えられています。なぜなら、牛肉1kgを作るのに7kgの穀物を必要とし、7kgの穀物を作るのに7tの水を必要とし、もはや、穀物の輸入は耕作地の輸入であり、水そのものの輸入であります。河川から引いた水や地下から汲み上げた水の70%は灌漑用水として使用されている事実があるからです。このような状況の中、世界の水事情は深刻な問題として浮上してきており、今後の戦争は水獲得戦争となるまで言われるようになってきています。
 アメリカ、中国、インドの3カ国で世界の穀物の半分を生産しており、いずれの国においても帯水層が枯渇しつつあります。帯水層の枯渇はもはや各国で起きている事実であり、人口増加と経済の発展に伴う水の需要増は、深刻な問題として食糧危機に拍車をかけることは間違いありません。
 日本は水の豊かな国と思われがちですが、現実的にはその逆で、国民一人当たりに換算すると降水量は世界平均の25%、水資源量も50%程度しかなく深刻な水不足国です。降水量は世界平均の1.7倍ですが、人口当たりでは「水」後進国なのです。穀物の輸入量を水に換算すると年間に1035億トンの水を輸入していることになります
 地球上に存在する水の殆どは海水で、淡水は全体のわずか2.5%しかありません。しかも、その殆どは極地などの氷や地下水で、人間が利用できる河川や湖沼の淡水は、全体のわずか0.008%程度しかありません

4、安全性
 1950年以降世界は高度成長時代に入り食料の確保は重要な課題になりました。経済の発展とともに、科学技術の発展もめまぐるしく、食料の確保の一貫としてアメリカでは緑の革命が起こり、化学肥料による作物の生産が急速に世界に広まりました。これにより作物の生産性は向上し大量生産ができるようになり、経済の発展にも寄与しました。しかし経済を優先するあまり安全性を無視した作物作りになってしまい、結果的には環境破壊と不毛の大地を作ることになりました。このことがきっかけで化学肥料の使用制限など新たな基準が設けられるようになりました。現在においても安全性のモラルは低く、発展途上国では輸出を目的とした大量生産を、国を挙げて推し進めています。しかし、世界がグローバル化するなかにおいては、モラルハザードの認識が高まりトレサビリティによる履歴遡及と残留農薬濃度の基準など更に安全基準は高くなってきています。     
目次を作りました。順番に見てね




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM