<< 批判と意見 | main | 忙しいと余裕 >>

仕事の量と質

目次を作りました。順番に見てね


仕事の量と質
事務職の評価は
 仕事量×質×レベル です。 仕事量はその人が持っている能力によって異なってきます。その人の現時点でのレベルによって、捌ける量は違ってきます。能力が高いほど低いレベルでの仕事量は多くこなせます。しかし、レベルが高くなると量を捌くことよりむしろ、質に重きをおきます。正確さと確実性を重んじる事務では、質の高さを要求されます。そかし、量を求めると質は低下していきます。ただ、その質にも許容範囲があるわけですが。

営業の評価は
 ノルマ×質×レベル です。 ノルマは仕事量と置き換えることが出来ます。また、仕事量は売上ということになります。 質の高さは信用となります。 レベルの高さは仕組みとなります。 

経験を積むにつれ仕事量も増えますが、量がある線を越えると急激に質が悪化します。量を落とさないでもっと量や質を上げることが、レベルの向上となります。大きな壁にあたったときには、もっと色んな知識を身につけることが必要となりますね。


平成21年2月2日

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM