<< 地球温暖化No8 | main | ノルマ撤廃 >>

便利とは

目次を作りました。順番に見てね


便利と役立つ
 技術が進歩するにつれ、何かと便利になります。今の社会はとても便利な社会です。しかし、その便利さがもたらしたのは、環境の悪化です。車があるとどこに行くのにも便利ですが、二酸化炭素は地球温暖化の原因になっており、窒素酸化物は大気汚染に繋がります。便利さと引換えに何か大切なものをなくしているように思えます。機械化になって便利になるにつれ人間の居る場所がなくなってきています。会社は人が働く場ですが、今では機械の働く場になっています。便利になることが決して人の為になっているとは言えないようです。
 道具でも便利なだけではなく役に立つものもあります。車は便利ですが、車を運送に使うと非常に役立ちます。???? なんかおかしい??? 便利と役立つは、どう違うの??
便利を辞書で引くと「都合がいいこと」となっています。都合がいいこととは勝手がいいということです。整理して考えると
・ 都合がいいこと
・ 勝手がいいこと
・ 楽であること
・ 簡単であること
・ 重宝すること
では、役に立つはどうでしょうか?
・ 人の為になる
・ 得がある

役に立つは、難しいですね。なかなか思いつかない。・・・・では「役」とは何でしょう。
役・・・役職、役得、役者、辞書で引くと「働かせる」とあります。
めんどうだから私なりの解釈をすると“役”は仕事役割分担という意味合いです。そうすると便利と役に立つの違いは何でしょう。
便利には目的がありません。ただ使用していて勝手がいいということです。しかし、役に立つには目的があります。それは仕事だからです。その仕事とは人の世に役立つということです。
 これを実際の使用状況で考えると、
便利=使い方、 役に立つ=使い道  ではないでしょうか。
便利は使い方が便利なわけで、役に立つは使い道があるということです。
もう一度整理すると
便利:目的がない、使い勝手がいいこと、使い方の問題
役立つ:目的がある、成果がある、使い道がある
こうして考えると、便利は道具そのものの問題で、役立つは道具の使い道の問題です。
消費を考えた場合、使い道にあった道具を探して、目的に合った使い方をするということになります。 いろんなところで消費と絡んでいるんですね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM