<< 金融取引No2 | main | 金融取引No3 >>

社会保険

目次を作りました。順番に見てね


社会保険
 2008年10月1日より健康保険の運営が社会保険庁から「全国健康保険協会」に移行され名称が「協会けんぽ」に変わりました。また、年金は2010年1月に日本年金機構に移行されます。
社会的にいろいろな問題を抱えての移行ですが、ここではその問題ではなくこれから発生する制度的問題について考えてみます。現在のところ保険料率は今まで通りみたいですが、新聞記事によると次回の見直しの時に料率が変わるそうです。

保険料の非一律
 今までの保険は政府管掌で全国一律でしたが、1年以内に地域の医療費に応じた都道府県ごとの料率が設定されるということです。これって国は知らないから自分たちのことは自分たちで何とかしろっていうこと?? 考え方によっては地域での公平と捉えることができます。しかし何か問題があるような気がします。


よく考えてみる、
・その地域で医療費が多いと保険料が高くなる
・老人が多いと医療費が多くなり、保険料の負担がます。
・人口が少ないと医療費に負担割合が高くなる
・都道府県で医療格差が生じる
・地方に行くほど不利になる

などなど。
 以上のようなことが予測できるのではないでしょうか。いったい何をどう考えたら、この様な発想が生まれるのだろうか?

 地域での公平を考えるのならば、人口を均等にしなければならない。そもそも人口の不均等が、地域間での格差の要因になっているのではないだろうか。また、国は国の責任と地方の責任の線引きをどのようにしようとしているのだろうか?


全国健康保険協会  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM