<< 企業理念 | main | 日本ミツバチの死 >>

産地契約

目次を作りました。順番に見てね


企業の産地契約
企業の農業生産進出
 最近の新聞に大手企業の農業進出が掲載されていました。進出企業はイオンやイトーヨーカ堂、トヨタグループといったものでした。既に進出している企業ではカゴメやワタミが農業生産法人を立ち上げて行っています。

 今回進出するイトーヨーカ堂はセブン&アイ・ホールディングスが直接農業生産法人を立ち上げてイトーヨーカ堂の170店舗で販売するもので、イトーヨーカ堂では国産野菜の販売割合を100%近くにするようです。イトーヨーカ堂の国産野菜の取扱量は全体の93%ですが、国産比率を向上させる理由として輸入商品でのリスクを減らすことと自給率の向上を目的としています。イトーヨーカ堂はここ3年以内に農業生産法人を全国10箇所に設立を行い、今後農業生産に強く携わっていくとしています。農業生産法人に対する出資割合は10%が限度ですが、大手企業との提携では実質的な子会社と言っても過言ではないでしょう。イトーヨーカ堂では社員を派遣して農作業に従事させることで、消費と生産の垣根を取り除くことができるようになります。また、農業生産進出では生産から販売までを一連して手がけることになり、品質の向上を図ることができます。さらにその間で発生したゴミについても、再生利用する環境循環型システムの構築を目指しています。このような取り組みは企業価値の向上に繋げることになります。新たにイトーヨーカ堂はディスカウント店「ザ・プライス」を開店し、青果物は規格外品を扱い低コスト流通を模索しています。これも産地を取り込むことで、規格外の商品を上手く利用したシステムの構築となります。

 トヨタグループでの、農業生産法人立上げは初めてであり、今後の動向が注目されるところです。トヨタグループでは豊田通商の子会社で食料専門商社の豊通食料と栗原市の農業従事者らが共同で、農業生産法人「螢戰検Ε疋蝓璽犒原」を2008年7月に立ち上げました。トヨタの出資比率は農業生産法人で許可されている上限の10%です。「螢戰検Ε疋蝓璽犒原」では事業費2億2千万で年度内に養液栽培用のハウスを70アール整備してパプリカの生産を行います。パプリカは国内需要の9割を輸入に頼っているのが現状です。さらにトヨタはパプリカの生産の実績の高い「(有)リッチフィール」と資本関係を結び国産の割合を高めようとしています。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM