<< 土壌劣化No8 | main | 土壌劣化No10 >>

土壌劣化No9

目次を作りました。順番に見てね


土壌劣化と有機栽培No9
持続可能な農業
 持続可能な農業を営むためには、どのようなことをしなければならないのでしょうか。その為には、二つのことを上手くかみ合わせていかなければならないと思います。一つは「土壌劣化を起こさない農業生産のあり方」。もう一つは「資源の枯渇を招かない循環型農業の確立」です。この二つのテーマを同時に成立させることの出来る農業生産は、あるのでしょうか? 土壌劣化の対策として考えられるのは、土壌を育てるということです。また、循環型農業においても生きた土を作るという点で共通性があります。この共通であるところの農業生産の方式は、有機農業ということになります。ここで目指す有機農業とは、「地力(生命力)のある土壌作り」です。
 ただ問題となるのが、有機農業の定義が曖昧だということです。有機農業という定義は堺各国の共通の認識なのでしょうか? はっきりしたことは言えませんが、どうも違うように思えます。

参考に我が国の有機農産物に対する定義を見てみましょう。
 農林水産省のガイドラインでは、「ガイドラインに基づく表示を行う農産物は、農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学合成された農薬及び肥料の使用を低減することを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培方法を採用して生産することを原則とする。」
有機農産物及び特別栽培農産物表示に係わる表示ガイドライン
有機農産物
化学合成農薬、化学肥料、化学合成土壌改良資材を一切使用しないで3年以上を経過し、土作りを行った圃場から収穫された農産物
転換期間中有機農産物
化学合成農薬、化学肥料、化学合成土壌改良資材を使用しないで6ヶ月以上3年未満経過し、土作りを行った圃場から収穫された農産物
となっています。

 この文面からでは、循環というもの捉え方がよくわかりません。もっと具体的に判りやすい基準がなければ、有機が何かという点についても、理解が得られないように感じます。  
 私なりに有機農業について考えてみることにします。冒頭で話しましたが有機は、生命の源であり、生命を支えるものです。有機農産物は、このような生命力を持った土壌から出来た健康的な作物のことではないでしょうか。健康的な作物とは、栄養価が高く、美味しく、人間にとって害のないものです。自然の美味しい作物とは、人体に必要なミネラルや栄養分を充分に含んだ新鮮な作物です。ミネラルは、そのままの形で土壌から作物に吸収され、その他の栄養は作物の中で作られます。そうすると私が思う有機農業とは、ミネラルが循環する仕組みの中で、土壌に十分なミネラルを含んでいることが前提となります。

ミネラルとは
 ミネラルは、人間が必要とする基本的な5つの栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)のうちのひとつで、必要とされる量はわずかでも、不足すると人間の体には深刻なダメージが生じてしまいます。例えば、糖尿病や低血糖症は、「クロム」や「亜鉛」及び「バナジウム」等のミネラルが不足していることと関係しています。また、ガンや心臓病は「セレン」や「銅」、骨粗ショウ症は「カルシウム」、「マグネシウム」、「ホウ素」等のミネラル不足に起因しています。また、ビタミン、酵素、ホルモン等、体の重要な機能を司る成分は、実は「ミネラル」がないと働くことができないのです。このため、ミネラルは「エネルギーの通貨」とも呼ばれています。

 また、人間には、106の元素のうち84の元素が必要だと言われています。そのうち私達の体に必要なミネラルは45〜60種類、しかし、いかにバランスの取れた食生活を送っていたとしても、これらのミネラルを十分に摂取することはできません。なぜなら、私達が普段食べている穀物や野菜、果物などの作物にはミネラルが微量しか含まれていないからです。この原因は、作物を育てる「土壌」にあります。動植物が決して合成することのできないミネラルは「土壌」から吸い上げるしかありませんが、化学合成肥料でも分かるように現代の「土壌」は、循環型ではないので、収穫のたびに土壌からミネラルを取り除いている状態です。作物や、その作物を餌として成長した動物の食肉からは、人間が必要とする数多くのミネラルを摂取することは、不可能と言えます。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM