<< 近未来流通2008-9 | main | 近未来流通2008-10 >>

ガスフレアリング

目次を作りました。順番に見てね


【二酸化炭素】ガスフレアリングは資源の浪費、大気汚染も
 石油産業は、油井から出る天然ガスを毎年最大1700億立方メートル焼却していることが、世界銀行の最近の報告書でわかった。この焼却処理はガスフレアリングと呼ばれ、世界で4億トンの二酸化炭素を排出して環境に悪影響を与えるだけでなく、ガス自体もムダになっていると、世銀の世界ガスフレアリング削減パートナーシップの責任者であるベント・スベンソンは指摘する。
 原油を地表に汲み上げる際、しばしばガスも発生する。世銀はこれをただ焼却してしまうよりも、1)地中に注入して石油生産に再利用する、2)液化天然ガスに加工する、3)パイプラインで送る、4)オンサイト発電に用いる、などのかたちで活用したほうがよいとの考えだ。2006年に焼却された天然ガスが、もしアメリカ市場で販売されていれば、400億ドル分(同国の天然ガス消費量の27%)になったとみられる。
 報告書によると、過去12年間でフレアリングが増加したのは22か国。ロシアとナイジェリアがもっとも多く、それぞれ世界の1/3、1/6を占める。


ワールドウォッチジャパン
ワールドウォッチジャパン(08/04/15転載承認済み)



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM