<< 寿命と成人 | main | 限界集落 >>

近未来流通2008-6

目次を作りました。順番に見てね


近未来流通2008-No6
様々な影響による流通変化
4、水資源の枯渇の影響
 地球上の水における淡水の占める割合は3%程度しかありません。その少ない水を工業と農業とで奪い合いを行っています。工業用水の価値は農業用水の数倍の生産価値を生むため、水が工業用に奪われているのが現状です。さらに温暖化の影響で使える水が少なくなってきています。また、新興国の食文化の変化で高級牛肉が嗜好されてくると更に水不足に拍車をかける事になります。牛肉1kg作るのに穀物を7kg必要とし、穀物7kgを生産するのに水を7tを消費します。つまり牛肉1kg作るのに7tの水が必要となるわけです。倍率では牛肉1kg作るのに7000倍の水が必要となります。日本は各国が水資源の枯渇で穀物の生産が出来なくなってきているにも関わらず、肉と穀物の両方を輸入しています。
 普通のハンバーガー1個で水をどれだけ必要とするか見てみるとレタス2ℓ、小麦粉で作るパン72ℓ、飼料作物を餌に作る牛肉900ℓの水が使われます。ハンバーガー1個で使用される水の量は974ℓになります。家庭用のお風呂では150ℓ程度ですから、お風呂の6.5倍の、水を使うことになります。日本の自給率はカロリーベースで39%ですが、食料の輸入は、間接的な水の輸入になるわけですが、他国の水の状況は厳しく、飲料用の水を確保するのもままならぬ状態です。その状態の中で日本は水の輸入を拡大して来ました。2000年の水の輸入総量は640億㎥と想像しがたい数字になっています。
なかでも日本に対する最大輸出先である米国の水輸出量は389億㎥で、オーストラリアが89億㎥で、ついでカナダからの輸入量は49億㎥となっています。

5、少子高齢化の影響
 少子高齢化で考えられるのは、労働力の低下です。労働力の低下の要因として考えられるのは、少子化による労働人口の減少、高齢化による老年層の労働力外、人口減少によるものなどが挙げられます。いずれにせよ労働力の減少は避けられない事実です。労働力の減少は労働総生産の低下へと繋がってきます。このようなことは経済の後退を意味しており、ますますの悪循環へと突入していきます。このような事態を引き起こさないためには労働力一人当たりの生産性を極端に向上させなければなりません。つまり生産性向上の為ロボット化や高度化を進めることになります。そのためには今の子供たちに十分に勉強できる環境を提供しなければならないことになります。今からの子供たちの学力が今後の社会を支えることになるので、教育施設とその仕組みの充実を図らなければなりません。
また、農業のようにどうしても人の力に頼るところは、人材の確保をどのように行っていくのかが課題となります。経済の基本から考えると儲かる仕事には人が集まるということです。つまり人力に頼る生産の部分では、収益を高める方法を模索することになります。収益を高める方法としては高品質なものを高く販売する方法と量で稼ぐ方法の二通りがあります。品質を高めるものは技術の集積が行われ、量を求めるものには生産場所の集積が必要となります。このことを消費動向から見ると二極化が加速することになります。二極化は、生産から消費のそれぞれの段階から起こっており、それぞれの流通ルートが混在することになります。
 こうして考えると社内でも教育の重要性が言われるようになり、出来る人間とそうでない者とのバランス(コミュニケ)を上手くとることが、今後の会社に求められることになります。物も人も二極化した上でバランスをとるという社会に変化してくるものと思われます。
 年齢の二極化では、高齢者が急増することになり不安定なバランスとなります。バランスをとるには高齢者のウエイトを若者へとシフトさせなければなりません。つまり技術の伝承を行わなければ、ウエイトの移動ができなくなり、次の社会はレベルを下げることになります。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM