<< 生育診断6 | main | ラングールの受難 >>

成人

成人
 ニュース番組などを見ていると子供の起こした事件の謝罪で親までも謝罪している。子供といっても未成年ではなく成人の犯罪で、子供がいくつになっても親の責任が付きまとう。子供が事件を起こせば当然親も世間から社会的制裁を受けることになる。情報ネットワークが発達した現代では、地域的制裁だけではなく全国的な制裁へとなっているように思えます。親の責任はいつまで果たさなければならないのだろうか? これって保護責任? そうすると成人て何?????
 成人を考えると「人に成る」と書いています。これは親の責任を離れて一人の人格として社会的に認めるということであり、一人立ちというこではないでしょうか。 しかし、今の社会が一人立ちをすることを妨げているように思えます。モンスターペアレントのように社会全体が未熟な方向に進んでいるのではないでしょうか? 
 私なりに成人の定義を作るならば「人様に迷惑をかけないこと」だと思います。モラルの低下はその人の人格の低下につながります。人格の問題にしても今の社会は人格のない社会のようにも思えます。マナーを守り他人を思いやる心を持つことが成人としての入り口ではないでしょうか。大人になれない大人を如何に少なくするのかが今後の社会のテーマだと感じます。

目次を作りました。順番に見てね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM