<< 目次 農業 | main | 目次 >>

目次農業

農業


野菜健康カード
 野菜の持つ色素で野菜の分類ができます。色によってその野菜の機能性も違ってきます。野菜の機能性を色で表示してみました。

トマト 玉ねぎ
行題1 D
行題2 D
行題3 D


大根

表題 サブ 内容
生産者から見た大根作り 大根の生長 肥大の仕組み
葉柄診断 葉からでも分かる「す」の見分け方
大根作り 葉で分かる大根の良し悪し
葉の種類 いろんな葉っぱ
汁液濃度管理 美味しい養分濃度
美味しい大根を作る環境 まずは土の管理
大根Q&A いろんな症状について
大根の機能性 大根の薬効
大根おろし 美味しいおろし大根の作り方
おでん大根 美味しいおでん大根を作ろう
プロのおでん大根 メイラード反応

 

 


農業
 農業の社会的意義や社会的係わりについて考えてみました。農業の社会的認識の向上が今後の日本の食生活には不可欠です。

 

 

主題 サブ 内容
循環型社会の形成 経済から見た農業 農業をお金で見てみると
環境から見た農業 世界での農業環境は
健康から見た農業 農業は人間と地球の健康提供
消費から見た農業 環境と消費者心理フードマイレージ
近代農業の状況 農業の動向 過去との比較
米(こめ)に見る農業政策 米政策の成否は
農業の企業参入 企業化する農業の条件
今後の社会と農業を考える 経済と農業 経済が求める農業
世界人口と農業 世界人口の増加の影響
食の安全性 安全の現状
日本の状況 少子高齢の影響
食品流通+農業法人 食の流れ+今後の対応
今後の社会と農業を考える 食の国際化 世界的な食取引
食の動向 世界との比較
青果流通 小売までの流れと流通経路
農業の推移 人口と耕作地
農業環境 農業用水
農業と経済 最近の経済
今後の対応 生産者所得の向上
環境 農業と環境 気温と作付面積と水の状況
地球環境を考えた農業への挑戦 農業から環境へ 問題点の洗い出し
計画(手順) テーマの立案
テーマの内容 各テーマに対する具体的思考
計画への落とし込み テーマの細分化による落とし込み
具体的な行動 行動の前準備
新しい農業生産法人への取組 はじめに 簡単な現状
消費の供給目標 安心して消費できる条件
将来に対するもの 法人とのかかわり
農業体系の構図 新しい農業の構築図
新しい農業経営 経営構図の考え方
農業法人の運営 全体的な運営の考え方
農業のソフト 消費にたった考え方
購入の目的 なぜ買うのか
価値の使い道 ニーズにあった価値の引き出し方
販売までの計画策定 まずは野菜の栄養素の変化
野菜の現況2 栄養素の摂取の低下
販売の構図 新しい取組ネット販売
農業法人の意義 農業法人の地域での役割
地域での位置づけ 地域からの始動
農業生産法人の地域構図 地域全体の構図です
食料危機 食料危機 海外への命の依存
バーチャルウオーター 食料輸入は水の輸入
自給率低下の影響 輸入の影響
穀物の期末在庫 穀物在庫の推移
世界の自給率 自給率の比較
自給率の計算方法 自給率の計算方法
農業政策 いろんな対策
自給率向上の考え 自給率低下を防ぐには
自給率向上の考え 顧客の創出
自給率向上の考え 健康の消費を増やそう
2007今後の市場流通 現状認識 市場を取り巻く現状
現状2 食料の現状
市場の現状 市場内の現状
市場経由率 市場取扱量の変化
市場乖離が意味するもの 市場機能の低下
市場の変化整理 どのように変わったのか
地方転換 中央市場の再編状況
市場手数料 自由化の内容
流通の変化 変化は何をもたらすのか
流通のしくみ 市場メリットは顧客確保
今後の基本 顧客管理の重要性
今後の市場の要点 何を必要とされるか
今後の市場の要点2 消費者の立場で考えよう
市場の力関係 消費者が一番強い
供給連鎖監理 みんなで再生
供給連鎖監理 役割分担
量販店 消費を活発にするには
仕組みの構図 相互関係が鍵を握る
具体的施策 農家と消費者を大切に
企業と市場 企業の農業参入
野菜の消費向上 輸出規制 世界の食糧事情
穀物相場 穀物相場の意味
米の消費 食の変化
野菜の消費 低下を食い止めるには
野菜摂取の効果 野菜摂取の意味
野菜の消費を増やすには 生産ではなく消費
野菜の販売 いろんな販売方法
野菜の力の宣伝 野菜の内面的価値
野菜バー 選びやすくするには
その他の販売方法 販売の工夫
硝酸態窒素 硝酸態窒素 硝酸態窒素とは?
硝酸塩の危険性 硝酸塩による死亡事故
安全基準 野菜には含有基準がない
硝酸塩による病気 糖尿病の原因?
有機栽培 有機肥料は安全?
安全に食するには 食べ方作り方

 

 

 

 

 


土壌のしくみ
 農業の基本は土です。土で育つ野菜は、その土壌から栄養を吸収して生育します。土壌が不健康ならば育つ野菜も不健康になります。いい土作りはいい野菜作りの基本です。そのためには土そのものについて知っておかなければなりません。
第1章 施肥設計

 

 

 

主題 サブ 内容
土壌のしくみ第1章 施肥設計 はじめに 取組にあたり
土作の意味するもの 土とは何か
土の構造 土の性質と三相構造
仮比重の調整 土の最適な重さ
仮比重の計算 実際の計算例
根っこ 根の伸び方
炭素率 生物と炭素率の関係
最適な土壌環境 理想的な炭素率にしよう
植物の生長&肥料 植物の基礎学習
堆肥とは 堆肥と肥料の違い
堆肥の目的 堆肥の条件と目的
化学性の改善 土はどうやって養分を保持力するの
CECの計算 CECでどれだけ収穫量があるか
塩基飽和度 養分保持には割合がある
養分保持のしくみ 養分保持は電子の化学
塩基バランス 植物も栄養バランスが大切
土の総合バランス 全体的亜調整で土の活性
CECの計算例 実際に計算をしてみましょう
土壌分析票 この表から調整していきます


土壌分析キットがありますのでご紹介します。詳しくはクリックして見てね。お勧めは「みどりくん」です。簡易的ですが土の方向性がわかります。

土壌養分診断キット Dr.ソイル 土壌簡易診断キット みどりくん その他分析キット
Drソイル本格的な試薬を使用 ミドリくん簡単で使いやすく便利 写真はphメーター


土壌分析器一覧HP
つち博士1号

土壌のしくみ蕎蓮 ‥攵軾生物

主題 サブ 内容
土壌のしくみ供‥攵軾生物 第1章補足 キレート作用、プライミング効果ほか
分解と醗酵 好気性と嫌気性の分解の違い
堆肥の分解 分解による菌の変化
土壌微生物 微生物のエネルギー変換
微生物のエネルギー源 無機、有機エネルギーの確保
好気性、嫌気性微生物 菌の比較と菌の栄養素
有機物の分解 リグニンの分解
窒素の無機化と有機化 土壌中での窒素の動き
自然有機物の害 有機堆肥の上手な使い方
根圏の微生物 根と微生物のかかわり
菌の種類 菌の種類による病気
病害予防と連作障害 連作障害はなぜ起こるか
連作障害の対策 いい土を作りましょう

 

 


土壌のしくみ 第3章 堆肥

 

 

主題 サブ 内容
土壌のしくみ掘‖枠 堆肥とは 堆肥と肥料は違うの?
堆肥の効果 堆肥の三つの効果とは
堆肥の使用目的 堆肥が作物に与える影響
未熟堆肥 未熟堆肥の悪影響
堆肥と微生物 腐敗と醗酵と分解の違い
含水率 これで決まる堆肥の良し悪し
堆肥の諸条件 pHなどの諸条件
副原料の投入 副原料との水分調整
堆肥のつくり方 炭素率の調整
堆肥の調整 総合的な調整の仕方
堆積の仕方 堆積から発酵まで
化学肥料の投入 投入による効果
堆肥の投入の仕方 色んな堆肥の組み合わせ
堆肥の施用方法 用途に合った施用

 

 


土壌のしくみ 第4章 生育診断

 

 

主題 サブ 内容
土壌のしくみ検\鍵蘓巴 生育診断 養分濃度計とは?
きゅうり ツルの汁液管理
ツルと果柄 果柄の養分はツルの3倍
とまと とまとは腋芽の養分で管理
ほうれん草他 根っこウト葉っぱの養分で
糖と酸 美味しさのバランス


土壌劣化と有機農業

有機とは 土壌劣化 塩類集積 塩類集積の地域 塩類集積の対策
砂漠化 センターピポット 地下水の枯渇 持続可能な農業 有機農業と栄養価
有機循環農業 生物多様性 健康な土作り 4 5

 

 

 

 

 


農業生産法人の設立

 

 

 

タイプ 株式 発起 組立 手順 機関 議事録
発行株 決議書 承諾書 定款 定款2 定款3 選定
払込み 注意 登記 提出 チェック 他申請 図解
資金 利益 資産 資本 企画 企画2 ビジョン
ビジョン2

 

 

 

 

 


産地生産契約

 

 

 

企業の生産進出 契約の種類 経済と契約 産地生産契約
契約の意義 流通コーディネータ-

 

 


記事

 

 

09/09砂糖価格 09/11食糧不足 09インド干ばつ 09/11食糧事情 ロシア大干ばつ
小麦動向2 ロシア輸出禁止 小麦騒動 自由化 2011/1現状
穀物高騰 食料高騰



Q&A
 農業関係についての疑問

JAのしくみ 光合成 紅葉 食糧事情

 

 


食糧危機と向き合う08年5月

 

 

禁輸の現状 ブラジルの禁輸 食糧支援 食料危機のきっかけ
食料インフレ バイオ燃料の影響 減反と矛盾 日本の支援
食糧危機の問題点 MA米 二酸化炭素 GM作物


今後の食糧戦略 2009/06/02〜06/25

食料の現状 今年の状況 食料を脅かすもの 中国の影響
GM作物 GM戦争 狙われる日本 大手種苗会社
GM栽培面積 GM栽培の現状 GM作物の利用 カルタヘナ議定書
最近のニュース 非GM化 植物工場 植物工場マップ
今後の食糧戦略

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM