<< 燃料サーチャージ制 | main | 生育診断 >>

先見性

目次を作りました。順番に見てね


先見性
 企業が継続して生き抜いていく為には、先見性が必要です。先を読む力がないと事前に物ごとに対処することが出来ません。段取りがいいと仕事の流れがスムーズにいくのも、先見性といえます。先を読んで次の行動に結びつけることが先見性です。時代を読んで流行を先取りしたりするのも先見性です。では、先見性を身につけるにはどうしたらよいのでしょうか?
 先を読むということは、過去から現在、現在から未来の2ステージに分けて、その流れを読むことになります。過去から現在については、歴史の内容を充分に知ることが必要です。どのような経緯で現在に至っているのか? という分析が必要になります。そのときに考慮しておかなければならないことは、その時節の文化や社会、経済環境、諸外国の動向など知っておかなければ、その時代の出来事を読み取ることはできません。過去を読むためには歴史という知識が必要になるということですね。
 では、未来を読むということは何が必要となってくるのでしょうか。例えばガソリンが1リットル当たり150円から170円になると、どのような現象がおきるかといったこと予測する知識や思考が必要になります。将来を予測する場合は身近なことから連想を広げていきます。燃料が上がる・・・車を乗らないようになる・・・生活園が小さくなる・・・買い物の回数が減る・・・・回数が減っても食べるものは必要だからまとめ買いになる・・といった具合で連想していきます。何も難しく考えることなどなく、知っていることを広げていけば未来が見えてくるのではないでしょうか。
 リスクの減少や成功率のアップを図る予測であるのならば、専門的な知識やその分野にとらわれることのない、広い視野での「見方」をすればよいのではないでしょうか。先見性も日々のちょっとした出来事の予想練習から始めるといいと思います。予測が出来るということは、「気がつく」ということにも繋がります。

先を見るには
1、 現状認識
2、 過去の分析
3、 社会動向
   などを知識として理解することが必要ではないでしょうか?


目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM