<< 森林浴 | main | 先見性 >>

燃料サーチャージ制

目次を作りました。順番に見てね


燃料サーチャージ制度
 初めて聞く言葉ですが、今後は流通において頻繁に出てくる単語になります。燃料サーチャージとは、燃料価格の上下に対して、安定した流通ができるように、別建ての運賃として、調整するものです。ガイドラインとして公示することで運送業の値上げを荷主に対して承諾してもらうことで、流通網の確保をしようとするものです。今までは運送業者は個別に値上げという形で燃料コスト上昇分を荷受に通知していましたが、現実では値上げすると受注が減少するので、通知しても値上げができないというのが実情でした。
 政府は緊急的な措置としてガイドラインを作成し荷主及びトラック運送業者に、その導入と理解を働きかけています。

 燃料サーチャージガイドラインを行政通達として発することで、貨物自動車運送事業法第26条において、国土交通大臣は、一般貨物自動車運送事業の摘要且つ合理的な運営を確保するため必要あると認めたときは、トラック事業者に対して、運賃・料金を変更することを命令することができるとしています。また、事業改善命令の発動基準では「他のトラック事業者との間に不当な競争を引き起こす恐れがある場合」に改善命令が発動されます。

 今回のガイドラインの発表により、ガイドラインに沿わない業者は沿う業者と比べて運送代金が安く設定できるため、その業者に運送依頼が集中する恐れがでてきます。そのようなことを是正するために、事業改善命令が下さられる可能性があります。
 燃料サーチャージ制を導入しない事業者に対しては事業改善命令の発動基準に該当する恐れがあるとして、立ち入り検査を行い、その結果、「導入しないことの合理的理由がなく、且つ、発動基準に該当すると判断された場合」には、当該事業者に対し、燃料サーチャージ制の導入等適正な運賃変更を指導するとともに、これに従わない場合は、貨物自動車運送事業法第26条に基づく事業改善命令として、燃料サーチャージ制の導入等適正な運賃への変更を命じることができます。

 船舶の輸送でも燃料価格調整金とかいう名目で、荷主に請求が回ってきます。そうするとこのコスト上昇分は、誰が負担するのでしょうか? 結果として消費者になるのでしょうか。販売側も販売単価を上げすぎると消費が落ち込みますね。せめて税金が安くなれば。

燃料サーチャージの計算は、以下のホームページを見てください。
国土交通省
トラック運送業における燃料サーチャージ緊急ガイドライン
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/09/090314_2/02.pdf

目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM