<< 食糧危機と向き合うNo12 | main | 味噌汁 >>

地球温暖化

目次を作りました。順番に見てね


地球温暖化が加速、炭素排出量と地表の平均気温ワールドウォッチジャパンより

ダボス会議では「地球温暖化」が主題となった。
アメリカ航空宇宙局(NASA)のデータによれば、2005年に世界の地球表面の平均気温は14.6℃となり、1880年に観測が始まって以来、もっとも暑い年となった。過去100年間で、世界の平均気温は1℃近く上がったことになる。
 アメリカ航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙研究所(GISS)のデータによれば、2005年に世界の地球表面の平均気温は14.6℃となり、1880年に観測が始まって以来、もっとも暑い年となった。なお、もっとも暑い年の上位5番目までは、すべて1998年以降である。過去100年間で、世界の平均気温は1℃近く上がった。この半分以上(0.6℃)が過去30年間に上昇しており、これは温暖化の傾向が加速していることを意味する。
2005年に、大気中の年平均二酸化炭素濃度は379.6ppmに達しており、過去最高だった2004年より2.2ppm増えた(0.6%増)。平均二酸化炭素濃度は、測定が始まった1959年に比べて20%増加している。2005年の1年間の増加は、過去最高記録である。
 一見小さい数字には見えても、この温度上昇は、何年か後に深刻な影響を及ぼすおそれがある。すでに2005年9月には、北半球の海氷が、記録を始めて以来の過去最低水準となった。グリーンランドの氷河では、2005年だけで約221立方キロメートルの氷が失われている。夏には熱波が襲い、アメリカのアリゾナ州では気温38℃以上の日が連続39日間続き、ヨーロッパでは非常に広範囲で山火事が起こって、さらにその後には集中豪雨と大きな洪水があった。藻類の異常発生により、アメリカのメキシコ湾岸に住む人々の間では、観光業や漁業や飲食業といった経済活動での収入減が1週間当たり300万ドルにのぼった。同様にクアラルンプール市でも、干ばつと猛暑によって山火事が起こったため、観光業が低迷し、マレーシア最大の港が閉鎖に追い込まれた。
 すでに気候変動によって、コミュニティ全体が移住せざるを得なくなったり、生活を失う危機に直面したりしている。たとえばゴビ砂漠では、気候パターンの変化のために降水量が減少していると考えられており、毎年2万6000平方キロメートルずつ砂漠化が進んでいるため、中国で数千万人もの農民が農地を放棄せざるをえなくなった。また、カナダ、グリーンランド、アラスカ、ロシア北部でコミュニティを形成するイヌイット族は、2005年に北極地方の冬の温度が過去最高記録となったため、獲物を求めて北へ移住せざるをえなくなった。

 科学界では、世界の気温上昇の原因は、化石燃料の燃焼などで発生する二酸化炭素など、温室効果ガスの排出にあるということが大筋で合意されている。化石燃料由来の二酸化炭素排出量は、2004年に記録的な4.5%の伸びを示し、75億7000万トンとなった。南極の氷床のコアに含まれる気体を測定する研究により、現在の二酸化炭素濃度は、産業革命が始まる前のどの時点よりも、27%高いことがわかった。
アメリカは、世界の人口に占める割合は約5%だが、人間活動による二酸化炭素排出量では世界の25%を占めており、これは世界最大である。中国は、1人当たりの排出量はアメリカよりはるかに少ないものの、総排出量では世界2位となっている。アメリカで最大の排出源は石炭火力発電所で、その次が自動車である。発展途上国で車の所有率が急速に高まっていることから、世界全体では運輸部門の排出量がもっとも急速に増加している。
 一部の専門家が懸念するのは、気候変動はすでに進行しており、この動向に歯止めをかけるのは難しいこと、そして、気候変動によって今よりもっと激しい暴風雨や、農業生産力の大幅な低下、生物多様性の喪失、人間の健康への悪影響などが引き起こされることである。これらの影響は、高所得層より低所得層の人々に打撃を与える傾向がある。
 2005年に世界全体で気候変動に対処するために行われた取り組みには、それほど成果が上がっていないものもあれば、成功したものもある。京都議定書で定められた温室効果ガス排出量の8%削減という約束を遵守するため、ヨーロッパは2005年1月から排出量取引制度を開始した。ここにはまだ、いくつかの炭素集約型産業や運輸部門が含まれていないものの、1年目に取引された二酸化炭素は合計で94億ユーロ相当、量にして7億9900万トンにのぼる。アメリカは京都議定書を批准していないが、排出量削減に向けて行動を起こす州政府や市は増えている。

ワールドウォッチジャパン(08/04/15転載承認済み)

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
地球温暖化対策の背景に何がある。
地球の平均気温は1906年から2005年までの100年間で0.74度上昇し、地球の気候にまで影響する事態となっています。この現象を一般的地球温暖化といいます。このサイトでは、地球温暖化対策の背景について考えていきます。
  • 地球温暖化対策の背景に何がある。
  • 2008/05/28 7:21 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM