<< 食糧危機と向き合うNo11 | main | 食糧危機と向き合うNo12 >>

気がつくと気が利く

目次を作りました。順番に見てね


気がつくと気が利く
 二つとも同じように聞こえますが、でもなんとなく違うような気がしますね。気がつく・・・・ん、何かをしていて問題点や問題箇所など、おかしいことや疑問に思うことかな? おかしいことなどに気がつくということは、何かおかしいと思うきっかけがある訳ですよね。そのきっかけというのが日ごろから疑問に思う考えを持っているかということと問題点となることを「ある何か」と比較することにより、そのことが問題点(疑問点)となって浮き上がってくるのではないでしょうか。比較対処となる基の「ある何か」とは、その人の持つ知識や経験です。知識や経験と比較して問題点を洗い出すことができます。また、気がつくには、比較するものが必要ですが、日常の生活の中で比較するという練習がなされていないと、知識や経験があっても引き出しの中に仕舞ったままでは、比較が出来ずに気がつくことができません。引き出しは常にオープンにしておくことが大切です。また、気がつくには、集中しているということも大切です。このように知識と比較して問題点に気づくことにより、無体験である知識を経験として変換できることになります。

 では、気が利くはどうでしょうか? 気がつくは問題点などに対するものですが、気が利くは、人に対するものです。人に対して、その人の行動を先読みして、その人の行動をフォローすることです。つまり相手の気持ちになって、次の予測を行動にするということですね。気が利くには、このように予測がついてきます。これもまた、日ごろからの訓練となります。また、予測を立てるいうことは、予測するデーターがあるということになります。これも先ほどの気がつくと同じように知識と経験からなっています。気がつくは行動に至る前の感情的なものですが、気が利くは、気がついたことを先回りして行動に変えるという作業をします。つまり気が利くは知識や経験の引き出しを開けるだけではなく、使うという行為が加わります。使うということは日ごろから使う練習をしておかなければなりませんね。

 気がつく、気が利く何れにせよ考えるという癖づけが必要です。考えることにより引き出しの開け閉めが、無意識のうちにできるようになり、このことが気がつくことや気が利くことに繋がっていきます。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM