<< 食糧援助 | main | 食糧危機と向き合う2 >>

食糧危機と向き合う

目次を作りました。順番に見てね


食糧危機と向き合う
 食糧問題がニュースで取り上げられるようになってきています。しかし、事前に現状を知っているのと知らないのでは、捉え方に違いが生じます。知らないと聞き逃すようなことがしばしばあります。また、WTOなどのように略されたものでは、意味が伝わらなかったりします。食糧事情の現状をしっかり把握するために最近の出来事を記載してみます。
 また、日本では米あまりなのになぜ貧困国に現物援助をしないのか、他国の援助の仕方はどうであるのか? 日本の役割は何なのか? 色々と考えさせられます。 この様な疑問を解いていきながら、今後どのようなことが私たちに出来るの考えていきたいと思います。
 
WTOと輸出規制
 世界貿易機関では、関税の引き下げなどで貿易の自由化を促していますが、しかし、国内では生産者の保護を目的になかなか応じられない部分があります。このことは各国とも同様でいかに貿易のあり方がどのようにあるべきかという問いかけになっています。世界がグローバル化して、人間の物資も自由に行き来ができるようになってきてはいるのですが、ここへきて深刻な問題が浮上して来ました。それは、自由貿易と対照的となる輸出の規制です。自国の国民の生命維持が脅かされるようになると、当然輸出は出来なくなります。そうすると今まで自由貿易と言ってきたことの保証は誰が持ってくれるのでしょうか。農林水産省が現在(2008/4)把握している輸出制限は、11カ国に上ります。(このあとブラジルも禁輸しています)

農産物の輸出規制の現状
中 国   :米、小麦、トウモロコシ、大豆、蕎麦、などで輸出を促す付加価値税の還付を
       取り消し、輸出税を課税。
ベトナム  :米の政府契約を除く新規輸出契約を停止
カンボジア :米の輸出禁止
アルゼンチン:トウモロコシ、小麦、小麦粉の輸出を原則禁止。牛肉に輸出枠を設定。大豆、
       乳製品などに輸出税を課税
インドネシア:米の輸出禁止
インド   :米、小麦の輸出禁止。玉ねぎの輸出に許可制を導入
ロシア   :小麦、大麦に輸出税を課税
ウクライナ :小麦、大麦、ライ麦に輸出枠を設定
カザフスタン:小麦輸出量の20%の国内販売を義務付け
セルビア  :小麦、小麦粉、トウモロコシ、大豆などの輸出を原則禁止
エジプト  :米の輸出禁止

 このような現状ではWTOの意義がなくなってきます。力のある所だけが、輸出を続けることができる訳ですが、これは現実的な世界支配と成りかねません。今後の課題は食料貿易のあり方をどのようにするのか、各国で調整を図る必要があります。自給率の低いところは目標自給率を設定し、自給率の高いところは輸出の枠決めをして、各国のバランスのとれた、食料供給の枠組みと条件を設定することで、食料が政治や武器目的で使用されることを防ぎ、人道的な役目を果たすようにすることがベターではないでしょうか?
日本は現段階での検討で、「新たな輸出規制は、需給事情からみて真に必要な場合に限定。それを保証する仕組みとして輸入国との事前協議や、同協議で合意できなかったときには、第三者機関が判断する」として、他の輸入国とも連携して関税や補助金の削減などのルールを定める「モダリティー(保護削減の基準)」への反映を目指しています。ことをWTO農業交渉で提出する予定です。
 また、“真に必要な場合”かどうかは、生産量や在庫そして消費量といったデーターを基に判断するとし、〕⊇亠制を行おうとする国はWTO農業委員会に事前に通報し、影響を受ける輸入国と協議する。協議が整わない時は専門家でつくる別の機関が判断する。など、輸出国が途上国に配慮することなども提案する予定である。
 今年日本で行われる洞爺湖サミットは環境サミットですが、現在の厳しい食糧事情の問題も浮上してきており、食糧サミットにもなる可能性があるといわれています。





参考になりますワールドウォッチジャパン
ワールドウォッチジャパン(08/04/15転載承認済み)



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM