<< 農業生産法人19 | main | ゆとり >>

豊かさと自然

目次を作りました。順番に見てね



豊かさと自然
 日本は豊かな国だと思いますが、最近のニュースを聞いていると、貧しい国だと感じます。連日殺人事件がおこり、社会的な問題や政治的な問題が山積みです。ましてやこの国のイデオロギーすらよく分かりません。最近では学力低下が問題となり、ゆとり教育が見直されています。果たして豊かさやゆとりってなんでしょう????
 豊かさを考えた場合、豊かさと対になっているのが“ゆとり”です。ゆとりが無ければ余裕をもって過ごすことはできません。また「ゆとり」は物質的な豊かさから生まれるものではなく、その人の気持ちの中から生まれるものではないでしょうか。豊かさの象徴は物質ではなく、国民の心だと思います。経済ばかり追求すると心のゆとりが失われます。心のゆとりをなくしたものに豊かさを感じることは出来ないと思います。
 人々を豊かにしてくれるものは、自然ではないでしょうか。山や川などに行き、自然を見ていると落ち着きます。なんだか心にゆとりを感じます。心のゆとりは人々を無に帰してくれるのではないでしょうか。喧騒の中で毎日を過ごす私たちにとって自然はかけがえのないものです。
小さい頃遊んだ田んぼにはビルが建ち、かえるの卵があった水路はなくなり、ひばりも田んぼからいなくなり、小さな小川にいたザリガニやしょっかん(食用ガエル)も姿を消し、田んぼにいた螻蛄(おけら)もいなくなり、あの赤とんぼの大群もどこかに行ってしまいました。家に引きこもりテレビゲームなどをしている子供たちに何の夢があるのでしょうか。私たちに豊かさを与えてくれた子供時間はこの現代にはなくなってきているのではないでしょうか。子供も大人も自然からの恵みで生きています。 
いくら経済的に余裕ができても、心にゆとりがないと豊かであることを実感することは少ないのではないでしょうか。人間は物質的に豊かになると次の豊かさを求めようとします。そう考えると物質的なものでは、豊かさを感じることは出来ないのではないでしょうか。やはり、豊かさは心のゆとりから生まれてくるものだと思います。心にゆとりを持たせてくれるのは、日常の生活の態度ではないでしょうか。毎日時間に追われている人々に豊かさを感じる余裕はないと思います。ゆうなれば、豊かさを感じないのは、現代人の生活習慣病ではないでしょうか。
 昔は“せちがらい”のは大人の社会だけのことでしたが、最近では子供社会もせちがらくなってきています。人間が人間らしく暮らすには、気持ちにゆとりを持つことが大切です。豊かさは決してゆとりをもたらしてくれるものではないように思えます。緑に囲まれて生活することが一番ではないでしょうか。その為にももっと環境について意識するときがきています。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM