<< 野菜の効力6  ファイトケミカル色による分類 | main | 食品表示法 >>

アイドマ(AIDOMA)の法則

目次を作りました。順番に見てね

アイドマの法則
アイドマの法則とは・・・・、
広告や宣伝を如何に効果的に仕上げるかという観点から人間の購買動向を心理学的に分析したものがAIDOMAの法則です。AIDOMAは購買心理の頭文字を取ってアイドマと呼ばれています。これを私なりに解釈して更にSCRを考えて見ました。以下分はホスピタリティの説明で私用したものです。

 商品の購買行動を心理学的に表現されているのは「AIDMA(アイドマ)の法則」としてよく知られていることですが、ホスピタリティではどのように把握すればよいのでしょうか。今まで述してきたことを考えてみると次のように考えます。

ホスピタリティの心理的購買行動
Attention(注意)
 現在おかれている環境(近辺社会)で、気になっていることに注意をひかれます。
多くの人に認知されている社会的事情(ニュース)と個人的な注意
ここでは商品でなくコンテンツ(内容)に注意が惹かれます
そのことが自然に人々に感性に伝え心地よさへと連想させます

Interest(興味・関心)
 興味のあるものには自然と関心を持ち、それを知ろうとする努力をします。
ここではコンテンツ(内容)を追求した表現で認知を促がします。
デザインでコンテンツ(内容)を簡潔に伝えます。

Desire(欲求)
 この段階では商品を手に取って実感として感じています。
その実感から手に入れて使っているところを連想します。

Memory(記憶)
 上記の連想から、欲しいものを手に入れたという過去の記憶の喜びを呼び起します。
喜びは購買行動の動機付けになります。

Action(行動・購買)
 その喜びが購買行動を誘います。

Satisfaction(満足)
 購入した後、使ってみて喜びを得ます。
他者と比較することや以前と比較することで満足感を得ます。

Conviction(確信)
 購入後と購入前では、購入後の方が広告やカタログを見る回数が増えます。
これは更に購入して良かったという満足の再認識です。

Repeater(再度)
 この精神的満足がホスピタリティを増幅させます。
このことが新たなホスピタリティの輪を広げ、結果として売上に結びつきます。

以上を心理的な面を行動経過別に分類すると

 このような図式で判断すると認知心理が行動の動機付けになりますので、広告宣伝を行なう場合の強調すべき点は初期段階では「注意、興味、関心」であり、リピーターを生む為の顧客段階では「満足、確信」です。この組合わせの宣伝を考えてみては如何なものでしょうか。
 また、最近ではネットの普及により、ネット上での購買心理として、検索、比較、検討そして共有が言われるようになってきています。
Attention(注意)・・ Interest(興味)・・ Search(検索)・・ Comparison(比較)・・ Examination(検討)・・ Action(行動)・・ Share(共有)となっています。

これを私なりに取り込むと
Attention(注意)・・ Interest(興味)・・ Search(検索)・・ Comparison(比較)・・ Interest(興味)・・ Examination(検討)・・Desire(欲求)・・Memory(記憶)・・Action(行動・購買)・・Satisfaction(満足)・・Conviction(確信)・・Repeater(再度)でしょうか。
 ここで比較(Comparison)の後に興味(Interest)があるのは、比較することで、更に感情が高ぶり一段と深い興味が湧くからです。

このようなことを考えていると満足(Satisfaction)確信(Conviction)がブランドを生むということに気がつきます。「ブランドは生産者が作るのではなく消費者が作る」ものだということにも気がつきます。

 皆さんもアイドマを自分なりにアレンジしてみると、他にも気づくことが色々あると思いますよ。
目次を作りました。順番に見てね



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM