<< 安全の方程式 | main | 三方よし >>

安心の構図

目次を作りました。順番に見てね


安心の構図
 食の安心を考えた場合、製造から消費までの段階における、それぞれの安全について検討する必要があります。これは生産(製造)、販売、購入の各段階では安心の基準が異なるので、各段階における安心とは何かを知っておかなければならないということです。
 生産段階における安心は
   安全+確認+承認=安心です。 
 流通の過程では、この安心をリレーして行きます。そして各段階での新たな安心をプラスしていきます。安心をリレーするときには、最初の安心が次のものに受け渡された段階で、安全となります。そしてそこにその段階での新たな安心をプラスします。そしてそれを安全として次のものへと渡します。また、次の段階では安全に新たな安心をプラスします。このように安全は各流通の段階で付加が高められていかなければなりません。これが安全の受け渡しだと考えます。この流れを生産、販売、購入の段階で図式化すると
 生産の段階では   安全+確認+承認=生産の安心
 次の段階では   生産の安心=生産の安全 

 
 販売の段階では   生産の安全+確認+消費者に対する説明=販売の安心
  次の段階では   販売の安心=販売の安全


 購入の段階では   販売の安全+確認(消費者の知識)=安心
(消費者の段階
                       となります。

 このような段階を経て、消費者は安心を手に入れることができます。ひとえに安全・安心と言っても、どの段階での安全・安心をさしているのか分かりません。一波に使う安全・安心とは、消費段階でのことを指しています。ところが各段階における安心の受け渡しがきちんとできないと、自分の部署だけの安全の受け渡しになってしまいます。そうすると責任のなすくりあいが始まります。今の中国餃子問題のように。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM