<< 硝酸塩4 | main | 粗利益率 >>

広告宣伝費

目次を作りました。順番に見てね

広告宣伝費
 商品や物事を広めようとするとき、広告宣伝を行ないます。経済活動における広告宣伝は、売上に繋がるものです。しかし、最近のコマーシャルなどは、何が言いたいのかよく分かりません。確かにインパクトはあるのですが、ただ単に面白い程度です。商品そのものに興味がないので、楽しむ程度で見ています。会社でも募集をだしたり、販売宣伝をおこなったりしますが、これって目的を達成しているのか不思議です。確かに宣伝すると広まるかもしれませんが、それが成果に結びつくとは限りません。このように広告宣伝を考えると、その意味合いは「動機付け」になります。行動を起こすためのモーションを作りだすきっかけです。つまり、欲しいとか、〜したいという行動へと結びつける費用ということになります。実際会社の広告宣伝費はそのようになっていますか。ただ単に広めることが目的となっていませんか。行動の基本には「なんの為に」という目的があります。「なんの為に」がなくなると、行動の意味合いがなくなってしまいます。広告宣伝の目的は売る為に、しているということです。(交際費もね)
 しかし、先ほどの話ですが、最近のコマーシャルは意味がよく分かりませんが、目的は達成しているのでしょう。そうして考えてみると今の時代の感性がコマーシャルに反映されていることになります。消費を考えるとこのような感性をもった販売方法が今の時代にあっているということでしょうか? 消費を活性する販売方法とは何か? 難しいものですね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM