<< 野菜の三つの効力2 | main | 硝酸態窒素2 >>

硝酸態窒素1

目次を作りました。順番に見てね


硝酸態窒素
 以前から気になっていたものに硝酸態窒素があります。いったい何だろうか?とわかりませんでした。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると硝酸(しょうさん、nitric acid)は窒素のオキソ酸で、化学式 HNO3 で表される。代表的な強酸の1つで、様々な金属と反応して塩を形成する。有機化合物のニトロ化に用いられる。よく解かりません。詳しくはウィキペディアを見てね。

 環境問題や健康について調べていると硝酸塩に対する被害の状況や警告があげられています。硝酸塩は食品衛生法に基づき、食品添加物としてチーズ、清酒、食肉製品、鯨肉ベーコンに使用が認められています。また、植物にも硝酸塩は含まれています。
 環境問題における硝酸塩の影響は、地下水の汚染や土壌汚染などです。土壌診断をしないで肥料や堆肥を投入し続けると、窒素過多になります。硝酸塩は肥料では硝酸態窒素として含まれています。堆肥では土壌において微生物の分解により硝酸態窒素となります。
また、自然界の土壌においても硝酸態窒素として存在しています。地下水や土壌の汚染では、硝酸態窒素を含む肥料が大量に施肥された結果、起きている環境問題です。土壌に大量に施肥された硝酸態窒素は雨によりその一部が帯水層まで流れ込み地下水を汚染します。
 
 食品添加物における硝酸塩は発色剤として使用されています。硝酸塩は、通常摂取する程度では、特に人体に有害なものではありません。しかし大量に摂取すると、体内で亜硝酸態窒素に還元され、メトヘモグロビンと結合してメトヘモグロビン血症などの酸素欠乏症を引き起こすとされています。また、亜硝酸は発ガン性物質(ニトロソアミン)の生成に関与している恐れがあるともされています。体内における硝酸塩から亜硝酸塩への変化は複雑で、食物由来の硝酸塩のうちどのくらいの量が亜硝酸塩に転換するのかは、はっきりとしていません。

土壌の硝酸態窒素
 土壌に含まれる無機窒素は、硝酸態窒素、亜硝酸態窒素、アンモニア態窒素として存在しています。堆肥などの有機物は土壌において微生物によりまずはアンモニア態窒素になります。その後硝酸菌により亜硝酸態窒素から硝酸態窒素にまでなります。植物の三大栄養素は窒素、燐酸(リン酸)、カリウムですが、植物は窒素をそのままの状態では吸収することができません植物は窒素を硝酸態窒素という形で根から吸収します。このため肥料には窒素が硝酸態窒素という形で混入されています。作物の生長を促すために窒素を投入しますが、土壌が蓄えることができる量以上の窒素を投入すると環境汚染になるわけです。また、土壌が窒素過多になると作物も常に窒素を吸収している状態となり、いつまでも作物の中に残留することになります。天候にもよりますが、通常作物に農薬など散布すると晴天のときで10日前後でその毒性は浄化されます。しかし、土壌に含まれるものは常に吸収されるので、その肥効(肥料としての効力)がなくなるまでは吸収されつづけることになり、毒素(人間にとって)の浄化(分解)が追いつかず、そのまま作物に残留することになります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM