<< 紅葉 | main | 野菜の消費向上No1 >>

幼稚と稚拙

幼稚と稚拙
 今の世の中を見ているとあまりにも幼稚に感じます。で幼稚ってなんだろうということです。
幼:幼い、子供。稚:いといけない。年齢が若い
このようなことから考えると、成長していない幼少な子供ということです。稚が年齢を表しているので、年齢的に幼いということです。
 また、幼稚を大人に対して使う場合は稚拙といいますが、これは肉体的(物理的)な年齢と精神年齢とを比較した場合に幼稚と感じたときに使用しています。
稚拙:未熟 拙:つたない様子。
そうすると、幼稚は肉体的な年齢と精神的な年齢の双方がバランスしている状態で幼稚ということですね。
 このようにして社会を見てみると稚拙な感じがします。自分もしかりですが、どこかに自我の欲求だけを満たそうというものが前面にでてきているのでしょうか? 以前にも思ったことですが改善は、自分自身を改善しないと何も変わりません。あまりにも社会全体が他人責任の追及に走っているように思えます。ニュースなどを見ていても少年犯罪が多いのですが、これもあまりにも身勝手で稚拙な出来事です。どうしてこのようなことになったのかを社会全体で考えることが大切です。大人も子供もみんなで考えなければならないことではないでしょうか? まずは自分の行動から考えようと思います。

 最近よく“ねじれ国会”と言う言葉を聞きますが、いかにも今の日本社会を象徴した言葉ですね。ねじれているのは国会だけではなく、政治も社会もねじれているように感じます。もっと素直に考えるべきではないでしょうか。政治が稚拙だと日本国自体が稚拙になります。もっと高い目標を掲げて一致団結する必要があうのではないでしょうか?
目次を作りました。順番に見てね

JUGEMテーマ:日記・一般



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM