<< 光合成 | main | 幼稚と稚拙 >>

紅葉

目次を作りました。順番に見てね

光合成と紅葉
 秋になると広葉樹林は紅葉(黄葉)して落葉します。いつも不思議に思っていたのですが、やっと調べてみました。秋になって気温が下がり紅葉するのは、気温が下がると植物の活性が低下するのとともに、空気は乾燥してくるので、土壌の水分も乾燥し根からの水分補給が難しくなります。そうすると水分を有効に使うため葉への水分供給をしなくなります。また、葉っぱ自体の蒸散作用で水分の消耗を防ぐためでもあります。そうすると葉っぱは水分や養分のやり取りができなくなり、葉っぱだけでのエネルギー変換となります。水を遮断された葉っぱでは、光合成が行われなくなり葉緑素であるクロロフィルの分解が始まります。
 紅葉では、クロロフィルの分解にともなって、新たにアントシアニン系の色素が作られるようになります。クロロフィルの分解で緑色が薄れていき、その代わりアントシアニンの赤色が表面に出てきて紅くなるわけです。黄葉では、クロロフィルの緑色が薄れてくるにつれて、もともとの色素のカロテノイドの色が表面に現れてくるからです。
落葉は、寒くなると水分が行き来する導管を葉っぱのところで遮断するために起こるもので、紅葉や黄葉がすすむと水分をたたれた葉っぱは落ち葉となります。そして、葉っぱで蓄えられた養分は土壌微生物に分解され有機物として堆肥化します。春になると土に還った葉っぱを養分として成長します。このように広葉樹は落葉することで、養分を循環させて成長していきます。自然はこのような循環サイクルの中で営まれているのですね。

 都会の落ち葉は、ゴミとして片付けられますが、植物にとっては大事な栄養源でもあるのに、もったいない話ですね。
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM