<< ジャンプする | main | 景気とは >>

スタグフレーション

目次を作りました。順番に見てね

スタグフレーション
 スタグフレーション(stagflation)は、経済現象の一つで、停滞(stagnation)とインフレーション(inflation)の合成語で、経済活動の停滞(つまり不況)と物価の持続的な上昇(インフレ)が共存する状態をいいます。
 一部都会では景気が回復して物価が上昇してきていると言われていましたが、実際には都心や大手企業では好景気だったかもしれまんが、地方や一般所得者では、デフレのままです。しかし、物価は上昇しており、景気の低迷とインフレが混在しているように思えます。2007年のエネルギー問題で石油価格の上昇とバイオエタノールによる穀物価格の上昇にともない、あらゆる製品が値上がりして来ているのが現状です。そのため今までのデフレが一転してインフレとなりました。デフレでは消費の低迷で物が安くなり、景気が低迷します。しかし、今の日本経済の状況を実感すると、デフレでありながらインフレです。景気が低迷しているのいるにも係わらず、物価が上昇しています。デフレとインフレが混在した経済状況となっています。このような経済状態の事を「スタグフレーション」と言うそうです。

 デフレとインフレの関係は需要と供給の関係が一般的で、需要>供給のときインフレとなり、物価が上がることで貨幣価値が下がったように思える現象です。デフレは供給過剰で需要<供給となり、同じ貨幣価値でインフレのときより高いものを買えるようになるので、貨幣価値が上がったように思える現象です。正常な経済状態ではインフレとデフレが交互に起こり経済流通バランスを取るのですが、供給過剰で貨幣価値が上がると、いっぱい物が買えるのですから、消費が活発になると思われますが、今回の日本経済は、デフレでありながら貨幣価値が上がっていないように思えます。貨幣価値が上がっていないのですから、消費は低迷して景気はよくありません。それなのに物が余っている状態です。考えるにこの現象は、経済が飽和状態になっている為に起きている現象ではないかと思います。飽和状態にも係わらず一部で原料が不足して、インフレが発生しているように感じます。

 今までの経済では物量における需要と供給の関係で成り立っていましたが、現代の経済は、物量のバランスのほかに価値の供給バランスがかかわってきているように感じます。物量でシェアがいっぱいとなっているのですから、今後は当然価値でのシェアで市場経済を拡大しなければ、景気は低迷することになるのではないでしょうか?このことは物流経済化から価値経済への移行を意味しているのではないでしょうか?
目次を作りました。順番に見てね

JUGEMテーマ:日記・一般



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM