<< 2007市場流通17 | main | 給与体系の仕組み >>

2007市場流通18

目次を作りました。順番に見てね

2007市場流通No18
仕組み作り
 ここまでの市場流通を簡単に振り返って考えてみると、卸がなくなると産地は出荷先をなくす事になります。また、中央市場の崩壊は、荷の集中ができなくなり地方卸や仲卸を対象とした流通ではコストが嵩み経営に負担を与えます。これを仲卸から見れば仕入先がなくなるということですが市場外流通が盛んな今でそれほど影響がないように思えますが、個別に商品仕入を対応するにはコストがやはりかかりますし、産地とのパイプをなくす事になり流通経路が遮断されることになりうります。消費者から見ると卸の不在はコスト高になり、消費を更に鈍らせる事になります。そうするとどうしても市場の活性化を考えていかなければ流通全体に悪影響がでることになります。今後の流通は生き残りを賭けた競争から、共存共栄を考えた共生に変わらなければ、消費の活性に結びつかないのではないでしょうか。

供給連鎖管理を考えた仕組みの構図

 供給連鎖管理では各ポジションにおける相互間の情報交換が必要です。さらに流通全体での交流を図ることで、消費者の要望に沿ったものを提供する仕組みを作ることです。また、消費者は与えられたものに対しての反応はしますが、自主的な要望は皆無です。よって消費の動向を探る為の仕掛けが必要になってきます。消費動向を知るには最近のテレビ番組の傾向をチェックして、その社会動向にあった仕掛けを考えることが効率的だと思います。こちらから仕掛けなければ消費は変わらないのではないでしょうか?

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM