<< 2007市場流通11 | main | 2007市場流通13 >>

2007市場流通12

目次を作りました。順番に見てね

2007市場流通No12
今後の市場の要点
 まずは、流通を段階的に行なう為には、どのような知識や意識などが必要でしょうか。

この表で表しているのは各流通ポジションに置ける要点項目です。◎のところは最重要点で、一番気を使っておかなければならないところ、○は要点項目で知っておかなければならないところです。
・土、農法
 出荷団体である農協などは、生産者の管理を行ない適切な栽培方法を行なっているか指導監督をしていかなければなりません。農家などの生産者の多数は専門的な科学知識が無く、慣行農法によるところが多いので、きちんとした施肥の設計図を作成することができません。よって農家は作る人、出荷団体は指導するという役割分担になります。この部分が商品の基礎となる信用の割合が一番高いところです。
・栽培の仕方
 栽培の仕方は、実際農家がどのようにして商品化を進めていくかという工程なので、その責任は農家にかかってきます。きちんとした栽培履歴をつくり、安全であることの証明をしていかなければなりません。
・集荷、選果
 出荷団体である農協などでは選果を行ない、ここで加工用や外食産業向け、一般量販店向け、高級品ものと分けて最終出荷先にあわせた選別を行なうようにします。この段階で出荷先ごとの選果をすることで、いい商品の価値を下げないで市場に流すことができます。現在の選果では、いい商品を作っても選果の段階で、他の生産者と同等に扱われるので、生産者がいいものを作っても高く売れる事にならないので、個人的な流通を望むようになります。そのようなことが無いように、選果の時点で細かい仕向けをします。価値あるものを価値が出るような選果をすることが大切です。
・栄養価
 野菜の価値に見えない栄養価があります。商品には農法や栄養価など見えない価値が多く含まれています。しかし、実際の販売ではこれら価値を引き出すことなく、見た目のままで販売されています。きちんとした正当な評価を得るためには消費者に正しく納得してもらわなければなりません。以前テレビなどでブームになりましたがバナナでもいつごろか食べごろか(栄養価が一番高くなるのはいつごろか)などは、その商品に含まれている価値を正当に消費者に伝えただけのことです。消費者と市場を繋ぐのは仲卸の役目なので、仲卸の商品知識として取り入れておく必要があります。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM