<< 怒り | main | 終着 >>

アサーション

JUGEMテーマ:日記・一般


目次を作りました。順番に見てね

アサーション
 コミュニケーションを上手くするには、端的に話すことが大切です。しかし、人間は感情の動物であります。いいたい事が言えなかったり、伝わらなかったりするとコミュニケーションは上手くいきません。そうすると何らかの支障をきたしたり、ストレスを抱えることとなります。虐めにあったりすることも、自分の気持ちを言うことが出来なかったりして起こります。喧嘩の原因もコミュニケーションが上手くいかないために起こったりします。感情を剥きだしにして怒ったり、感情を押し殺したりしても、問題の解決には繋がりません。返って問題を放棄することになり、いつまでもその事を引きずることになります。もし、そのときの気持ちを感情抜きにして冷静にやり取りすることが出来るのならば、お互いの協力の下で、問題解決を図ることが出来ます。また、そのようなことが新しい信頼関係を構築していきます。このように感情的にならずに自分の気持ちを素直に伝えることを「アサーション」といいます

アサーション
 アサーションは自己主張のやり取りのことです。ここでの自己主張とは、自分の考えを伝えるということです。相手が同意するまで執拗に説得して自分の意見を無理やり押し通したり、力ずくで相手を自分の思い通りに動かそうとすることではありません。相手に対して理解を求めるのではなく、自分の意見や気持ちをそのまま、ストレートに言うことです。その結果相手がどんな態度を示すかは相手が考えて決めることです。決して喧嘩口調で伝えたり、はぶてたりして、自分の意思を伝えるものではありません。自分の言いたいことを相手に伝えるということだけのことです。
 「アサーション」は自分の気持ちや考えを大切にしようというものなので、無闇に険悪な関係を作るために言うのではなく、自分の気持ちと同じように相手の気持ちも大切にしようということです。かっと言って相手に調子を合わせるわけでもなく、別に意見が平行線のままでもいいわけです。肝心なことはお互いの気持ちを大切にするということだけです。アサーションは自己主張を通して対等な人間関係を築いていくことです。
 アサーティブには、訓練が必要でこの自己主張訓練のことを「アサーティブネス・トレーニング」といいます。

アサーティブネス・トレーニングでは
1.正直な気持ちになる
  自分の気持ちを歪めて捉えるのではなく、僻(ひが)みや妬(ねた)みなどの余分なものを入れずに、素直に自分の気持ちを認めることです。
2.正直な気持ちを表現する
 自分の気持ちに素直になれないで、都合のいい言い訳をつくって自分の正直な気持ちを偽らないで、相手に対してそのままの気持ちで接します。誠実な態度は自分の気持ちを大切にするということになります。
3.対等な関係で接する
 相手と接するときには、自分も相手も尊重し、相手を見下したり自分を卑下したりしないで対等に接します。対等に接することで素直な意見のやり取りが出来るようになります。
4.自分と対峙する
 人に自分の気持ちや考えを伝えるときには、大声を出したり、言い訳をしたり、遠回しに言ったりしないで率直に表現することで、相手にきちんとした意見が伝わります。
5.結果について気にしない
 自分の気持ちを表現した結果、相手が予想もつかないような返事を返す場合がありますが、自分の意見を相手が受け取りどう反応するかは相手の自由です。その反応によって、言うのではなかったとか、反対に怒りを増したり、不快になったりしないことです。結果に臆病になったりすると自己主張ができなくなり、いい関係は構築できません。相手に対しても期待をもたずに、意見の伝達を目的として接することが大切です。

 言いたいことが言えない、嫌と言えない、相手の顔色を気にする、心とは裏腹に愛想のいい自分、迷惑なのに何も言えない自分、そんな自分が嫌になって自暴自棄になったりしていませんか。でも上手くやっていくために、これは自分の性格だから仕方がないと、自分の不甲斐なさを性格のせいにしていませんか? 私たち日本人は狭い島国で育った民族です。その為に本当の気持ちを抑えて自己犠牲の上に生活を築いてきました。世界がグローバル化する中で、私たち日本人も変わらなければなりません。相手を尊重した上で自分の意見を述べる勇気を持つことが必要です。
 私たちが小さい頃から身につけてきたのは、いつも相手の気持ちを優先させてしまう自己犠牲的なコミュニケーションの方法だったり、逆に相手に自分を押しつけるような我儘な方法でした。実際、私たちは、学校などでもコミュニケーションの方法を学んでこなかったのです。
 周りの人に合わせてこうどうする事で自分を安全な場所へと避難させることしかでできなかった私たち日本人。集団行動が大好きな日本人。自分の意思を伝えると相手に嫌われると勝ってな解釈をして、納得している日本人。
 アサーションでは、 自分の人生で、無理をしたり背伸びをしたりしないで等身大の自分で居られる感覚を少しずつ広げていく事を目的としています。つまり、自分自身に勇気を持つことができるようになってくることがアサーションの一番の魅力です。アサーションにより自分らしく振舞えるようになります。その為には、勇気をもって少しづつ訓練をしていく必要があります。頑張って自分自身を自分から解放したいものですね。これは自分への挑戦であり、自分との対峙です。自分に勝つことは結構しんどいですからね。何事においても常識的に振舞うことが大切ですね。私も自分に挑戦しよう。
目次を作りました。順番に見てね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM