<< 銀行マン | main | 分析2 >>

分析1

目次を作りました。順番に見てね

分析とは
データーの使い方
 データーは使わなければ意味がありません。しかし、市販のコンピューターの分析データーを見ても活かされていないように思えます。例えば経理ソフトで言えば分析結果は確かに分析データーとして表示されています。これらが問題となるのは分析データーの活用がなされていないということです。なぜなら結果としてのデーターは過去のものでしかないので、そのデーター(結果)を活用する方法を見つけなければなりません。分析とはデーターの活用を指すのであって、分析結果のデーターを出すことではありません。分析データーから改善策や方針が出てこなければ、分析データーとは言いません。確かに色んなデーターは、でているのですが活用の仕方が分からないのです。 経営分析でも分析データーを出すだけでは意味がありません。活用することが大切です。
データー分析の仕方を考えてみると
入力データー → 計算式(分析) → 出力データー(分析データー) となりますが、出力された結果の使い道が大切です。分析結果を行動に変えるような分析が要求されます。分析結果から何を読み取るかと言うと、数値から行動を読み取る訳です。つまり、結果から算式を読み取る事により、具体的な行動へと結びつけることが出来ます。このように行動として分析データーを活用することが大切です。
 でも現実的には分析データーを眺めて、良いとか悪いとかと言う結果論的な判断になりがちです。分析データーでは、どうしていいのか、その原因がどこにあるのか問いことです。悪い結果についても同様です。対外の場合、分析データーを活用するのは悪いと判断したときです。しかし、実際に大切なのは良いときの分析です。なぜ良いのかが分からないと、今後悪くなったときにカイゼンと言う手が打てないことになります。カイゼンが見えてくると良い結果を更に良くすることへと繋げることができます。そのためには正しい分析データーの読み方と活用が必要となるのです。結果論だけでの判断では良いか悪いかの判断です。分析データーは眺めるのではなく「読む」のです。読むというのは、「先を読む」「データーに隠された意味合いを読む」ということです。その読み取るデーターが多いほど先に対する対策が多く取れるようになります。また、行動判断するための選択肢が増えることになります。選択肢が増えるといことは、幅が広がり対応が臨機応変にできるようになるということです。
 では、読み取ると言うのは、どのようなことでしょう?それは結果から算式が見えるということです。この結果を導くための算式を多く思い浮かべることができる人ほど、多くの策をもつことができることになります。算式と言ってもいろんな算式があります。「数値で表す算式」「言葉による算式」です。どちらも科学的な根拠に基づいているということと、算式から真実を導くことができるということです。見た目の誤魔化されない行動原理が見えてくるということに繋がります。このような算式を理解することで、その行動や会社の性格が見えてきます。つまり算式は「性格を読む」ということです。性格を読むと言うのは「傾向を知る」ということにも繋がっています。
 では実際に分析データーの読み方をみていき、性格診断をしていきましょう。追伸として話しますと分析という言葉に捉(とら)われすぎないことです。分析と聞くだけで何もかもが解かるような気がしますが、分析データーはあくまでもデーターなのです。分析ではありません。分析データーを出すまでが分析です。分析とは「診断」ということです。診断結果ではありません。結果はデーターなので、結果を読み取ることが分析です。よって分析とは「次への対応」を意味しています。医療で云うならば「処方箋」が分析ということになります。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM