<< 売上の環境 | main | 理論と現実 >>

難しさと危険

目次を作りました。順番に見てね

難しさと危険
 一般的に評価されたり自慢したり、他人から偉く思われたりするのは、難しいことや危険なことを運よくクリアできた人たちです。一概には言えませんがたまたま出来たということも充分に考えられます。特に危険なことに挑戦する人たちは称賛を浴びます。しかし、より確実な成功へと導く為には計画と用意が必要です。
 以前にもお話ししましが、冒険と同じように大切なことはリスクを小さく持つことです。
 成功を確実なものにしていくことは、危険を冒さないということが絶対条件です。仕事をしていると何らかの危険な事に挑戦しなければならないことがでてきますが、これはリスクへの挑戦ではなく難しさへの挑戦です。難しさへの挑戦とは「困難への科学」であり、成功へ導く為の分析と努力をすることです。力のないものが困難なことに挑戦するのは、リスクへの挑戦と同じく危険なことであり命取りにもなります。しかし、賢い者は危険に挑戦せずに難しさに挑戦します。力のないものから見れば、但単に危険なことをしているようにしか見えません。それを見た目だけで判断して、物まねするのは無謀です。
リスクを小さくして困難に挑むには自分の力量を知っておかなければなりません。
自分の力量とは
1、 レベル・・・広がりと深さがある(知識・経験があること)
2、 質  ・・・正確さ      (計算されていること)
3、 量  ・・・速さ        (体力があること)
この3つを上手く使うことで知恵が生まれます
冒険家は、この三つに挑戦しています。自分の力量とリスクと比較して進退を判断します。決して無謀なことはしません。
挑戦すべきことは難しさです。ただ単に危険な事に挑戦するのは無謀です。何事においても。

その人にとっての難しさは、他人から見れば余裕の尺度です。頼れる人は難しさを積み重ねて乗り越えてきた人です。

困難に挑戦することは人を育てますが、その人の力量に合ったものではないと危険が増すばかりです。出来ることを着実にすることが困難なことを克服してくれるのではないでしょうか?
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM