<< 心と脳 | main | 売掛金2 >>

売掛金1

目次を作りました。順番に見てね

売掛金
営業債権の回収について
 商売をしていて入金にならないのは企業にとって命取りです。営業債権の管理は会社の運命を左右します。特に中小企業にとってひとつでも引っかかると一辺に会社の資金繰りを悪化させ最悪の場合には倒産へと追い込まれます。ましてや経済情勢が厳しい中どのような管理をしていけばよいのでしょうか?

売掛金は貸付金
 売掛金とは、商品代金の回収が行なわれていない代金のことです。納品はしたけれど資金の回収が出来ていないものを言います。ということはお金を貸しているのと同じ状態です。「売掛金 = 貸付金」となります。売掛金は販売の過程で生じた貸付金なので貸付金利が付きません。貸しているにも係わらず利息も取らないで、返してもらえるのを待っている状態の資金です。あなたは他人に利息も契約書も保証も取らずにお金を貸しますか?
到底考えられないことが日常で当たり前のように行なわれているのです。
 この売掛金が回収できない事になると全額、利益からの損となります。また回収が遅いと、自社は商品を仕入れるのに銀行からお金を借りなければならない状態になります。これは、自社が銀行から資金を借りて商品を仕入れて、販売(貸付)は無償(無金利)で行って、代金は回収せずにそのまま貸し付けた状態にあるということです。

売掛金は資金の源泉
 企業の源泉は売上です。企業は売上を回収して資金の支出にあてています。この売上の回収がなければ、いくら黒字でも企業は倒産します。企業はお金がないと倒産します。売掛金の回収が出来ないことは、企業の倒産を含んでいるということです。また、この売掛金の回収から従業員の給料も支払われています。例えばあなたが給料明細を貰って実際に給料が振り込まれてなければどうしますか? 実際にお金が振り込まれなければ明細書だけでは生活できません。資金の源泉から考えると、企業では請求書(仕切り書)が給与明細ということになります。いくら請求書に高額な金額が書かれていても入金にならなければ、販売したことにはなりません。代金を回収して初めて販売が成立します。
 家庭での資金の源泉は給与(実際の手取り)、企業の資金の源泉は売掛金回収ということをしっかり覚えていてください。

滞留売掛金
 滞留売掛金とは、通常の回収期間を過ぎても回収できない売掛金のことです。通常の回収期間とは販売業では1ヶ月以内、加工業の場合では2ヶ月以内です。また特別な場合として契約書により回収が長期になるものはこの限りではありません。
 滞留売掛金が発生してくると企業の資金繰りは追い込まれて倒産へと至るので充分な注意が必要です。

売掛金の焦げ付き
 滞留売掛金が回収不能になったもの。夜逃げ、倒産、破産など。この場合は100%回収不能となります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM