<< コミュニケーション | main | モンスターペアレント >>

カルシウム

目次を作りました。順番に見てね

骨粗鬆症とカルシウム
 体内のカルシウムが減ると骨粗しょう症になることはもう既にご存知のことと思いますが、ではなぜ女性や老人に骨粗しょう症が多いのでしょうか? そこで骨粗しょう症とカルシウムの因果関係について調べて見ました

貯蔵性カルシウムと機能性カルシウム
 カルシウムは人間にとってとても重要な栄養素です。カルシウムと聞いて思うのは骨の構成物質です。実際の体内のカルシウムの構成は99%が骨や歯などに、1%が血液や体液、軟組織です。カルシウムのうち機能性を司っているのが体内を流れてたり、細胞内にいる1%のカルシウムです。実は、この1%のカルシウムが生命の鍵を握る重要な働きをしています。骨にあるカルシウムは貯蔵の役割を担った「貯蔵性カルシウム」です。これに対して体内を流れたり、細胞組織にいる1%のカルシウムは様々な機能を調整する「機能性カルシウム」です。

機能性カルシウムの働きは
・ 免疫力を高める
白血球の細胞内のたんぱく質にカルシウムが付いたり離れたりする事で、白血球の食作用を活発にします。
・ 筋肉を収縮させる
心臓や腕などの筋肉がきちんと伸縮するのはカルシウムが筋肉の線維タンパク質に付いたり離れたりするからです。
・ 体液をアルカリ性に保つ
血液中のカルシウム濃度を一定に保つことで、体液は弱アルカリ性になります。体液が弱アルカリ性のときには腸管から吸収された栄養素をスムーズに体内の細胞に行きわたらせることができます。
・ ホルモンの分泌を調整する
カルシウムはホルモンの分泌を調整し、その代表的なホルモンはインシュリンです。
・ 神経の興奮を抑える
・ 止血作用
・ 細胞代謝を活性する

カルシウム濃度(1:1万の原則)
 この貯蔵性カルシウムと機能性カルシウムの体内での割合は決まっており、常に一定に保たれるようになっています。骨にあるカルシウムを1とすると血液中のカルシウムは1万分の1の割合になります。更に細胞内にあるカルシウムは、血液中のカルシウムの1万分の1の割合で存在します。この濃度は生命を維持する上で不変的なものです。血液中のカルシウム濃度が低下すると副甲状腺ホルモンの分泌が盛んになり、骨にあるカルシウムを溶かして血液中のカルシウム濃度を高めます。このため骨にあるカルシウムは貯蔵性カルシウムと呼ばれています。また、副甲状腺ホルモンは肝臓でビタミンDを活性化して活性ビタミンD に変化させ、腸管でのカルシウムの吸着を促進させて、血液中のカルシウム濃度を上昇させます。

カルシウムパラドクス
 カルシウム不足が続くと副甲状腺ホルモンが働きすぎて骨のカルシウムを溶かしすぎます。そうすると血液や細胞のカルシウムが増えすぎてしまします。このような状態のときに血液中のカルシウムを測るとカルシウム濃度は高くなります。しかしこのような状態のとき骨ではカルシウムが不足して骨量が減少します。計測ではカルシウム濃度は高いのですが、実際にはカルシウムが不足した状態のことを「カルシウムパラドクス」といいます。
パラドクスは逆説という意味で、カルシウム濃度が高いのにカルシウムが不足しているので逆説ということですね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM