<< 経理25 | main | 経理26 >>

国防と政治

目次を作りました。順番に見てね

国防と政治
 最近のニュースを聞いていると、政治とはなにか?と疑問になります。政治を辞書で引くと“国民が安心してすめる国を作ること、国を安定して治めること”となっています。テレビなどで政治討論会などを見ていると、ふと疑問に思います。なんというか各政党もイデオロギーがないのです。それはそうですね。連立政権なるものは摩訶不思議です。イデオロギーの異なる政党がどうして連立できるのでしょう。もはや政党には確固たるイデオロギーがないのでしょうか? 政党というものは主義が違っているから政党なのです。  しかし、なにやらマニフェストなるものによると、そこにはイデオロギーはなくなっています。国民の受けを狙ったものばかりです。どの政党も日本国を守るという概念は一緒のはずです。しかし、マニフェストにそれを感じることはできません。真意のないマニフェストに何の意味を持つのでしょうか? 政治は内政にしろ外政にしろ心理戦と思うのですが?
 もうすぐ参議院選挙ですが、芸能人やら有名人を推薦する輩にはイデオロギーがあるはずはありません。これはもう国民をバカにしています。政治は国防そのものだと思うのですが、素人に玄人が何を求めようというのでしょうか?自党の非力さが素人を担がなければならない状況を作り出している現状をどのように考えているのでしょうか。もっと正統は自己主張すべきです。相手を批判する議論ではなく、どのようにすることが一番国益にかなっているかという国策に対する協議をすべきではないかと思います。日本は経済では世界の中でも一流ですが、政治は三流と言われています。国策に対する政策が見えないからです。外交にしても戦略的な政策は感じません。ニュースでは海外からの批判ばかりが伝えられ、海外に対するアピールなどは皆無のように思えます。また、これは報道のあり方にも問題があるように思えます。まるで自国の悪評を先導しているような報道のように思えます。韓国や中国が領海侵犯をしているにも係わらず自国の非難をしています。そうではなく相手を非難すべきではないでしょうか。実際韓国や中国では反日運動が行なわれています。教科書問題や靖国問題のように。報道のあり方ももっと国益を考えた真実の伝え方をすべきです。真実は捉え方によって見方が変わります。国の方針が見えない報道はどうかと思うのですが?
 私たち日本人はもっと愛国心をもって、政治家も報道も国民も日本国に接する必要があるのではないでしょうか。自国をこんな国と言わないためにも。もっと自信を持って「愛する国日本」といいたいですね。政治家は政治が内政にしろ外政にしろ国防であるということをもっと認識して貰いたいものです。国民を大事にしない政治は、もはや国防ではありません。外部の侵略者に対して国民を守ることも、年金の問題や医療の問題で国民に不安を与えないことも、国防です。国民を守ることが国防ではないかと思います。政治は政権をとることが目的ではなく、国の治安を守ることが目的です。しっかりしたイデオロギーがあれば国民の支持は得られるのではないでしょうか。
私は日本人であることに誇りを持ち、日本国に生まれたことを幸せに思いたいのですが・・・。
策のない国は何れ滅びます。
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM