<< 経理20 | main | データーで見る将来? >>

経理21

目次を作りました。順番に見てね

経理入門21
バランスシート
貸借対照表の意味するもの、別名バランスシート
 貸借対照表のことをバランスシート(B/S)といいます。貸借対照表という名称からもお解かりのように貸借が対照しているのですから、貸借対照表の左側と右側が同じ金額になっているということです。例えば貸借対照表の左側の資産の総計が10億だと、右側の負債と純資産の部の合計が10億で、左右が等しいということです。この均衡がバランスしていることです。当たり前ですが、資金の調達と資金の支出(現預金を含む)は、常に等しくなっています。これは貸借対照表が資金のバランスを表しているもので、“資金繰り”そのものだということです。
 で、なんとなく収支が等しいということは分かりましたが、ただそれだけでバランスシートなのでしょうか? なんのバランスを取ればよいのでしょうか? 貸借対照表には短期と長期てきな資金があり、それを流動資産、固定資産、流動負債、固定負債とに分けることができます。ではこの流動性、固定性はどのようにバランスしなければならないのでしょうか。
貸借対照表をみてみましょう。

上記のようなことはありえませんが、これは理想的なバランスした資金繰りです。なぜなら流動性の資産と負債がバランスして等しくなっているからです。つまり収支の均衡が取れた状態です。

バランスシートの見方
貸借対照表のバランスの例を下記の通り用意しました。
ここでは資金バランスについて話していきますね。
パターン1      パターン2       パターン3
流動資産が大     流動負債が大      流動性が均衡


 資金のバランスは、即資金繰りに影響を与えます。なぜならバランスがとれていないと、資金過剰になったり、資金不足なったりしているということです。資金バランスを見ることは簡単に出来ます。それは流動線がどのようになっているかということです。流動線とは、流動性の仕切りの線です。資産の部(借り方)では流動資産と固定資産の間の線、負債の部(貸し方)では流動負債と固定負債の間の線のことです。(流動線という名称は私が勝手につけた名称です)上の図でいうと,鉢△隆屬寮が資産の流動線、とい隆屬寮が負債の流動線です。
 では、上の図を使って説明していきます。分かりやすくする為に、現預金は全て定期預金とします(投資先という見方をするために)。そうすると資産の流動線と負債の流動線の差が、運転資金の過不足を表すことになります。流動性が日常の資金繰りだと話しましたが、この流動線の差が運転資金の過不足を表していることになります。バランスは収支の均衡をとることと、流動負債の拡大を避けること、急激な変動を避けることが大切です。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM