<< 経理11 | main | 経理13 >>

経理12

目次を作りました。順番に見てね

経理入門12
流動性と固定性
資金繰りから見た流動性と固定性
 流動性のもつ意味合いを運転資金といいましたが、では固定性(長期)ではどうでしょうか。固定性の物については資産のところで資産の活用が問題だと話しましたが、資金繰りからみると、固定性の動きは頻繁には発生しません。毎月ある程度決まった金額が動きます。というのは有形固定資産でいうならば、減価償却費は年で算出できますので、これを月割りで考えると定額になります。これは固定負債においても同じで、長期借入金の返済は毎月定額です。このように、固定性では「毎月の動きが固定」されています。よって資金の動きも固定されています。だから固定性なのです。流動性は、固定性とは逆に、「毎日の動きが不定額」で起きるので、流動的な資金繰りとなります。だから流動性なのです。
 そうすると資金繰りからみ見た流動性は短期的な運転資金で日常の活動を支える変動的な資金繰りを担っており、固定性は定額の資金繰りを意味しています。

目的で見る流動性と固定性
 流動性と固定性を投資目的から見てみると、流動性のものは短期的な投資であるので、売買を目的としたもの、固定性の投資は長期的な投資なので、保有することを目的とした投資です。流動性、固定性と言っても色んな味方ができます。その都度適宜に使い分けることが必要です。

視点流動性固定性
期 間短期(1年未満)長期(1年以上)
資 金変 動固 定
投 資売 買保 有
動 き変 動安 定
時 間随 時一定期間









コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM