<< 経理10 | main | 経理12 >>

経理11

目次を作りました。順番に見てね

実践経理入門11
資産科目
 ここまでが、大きくみた貸借対照表の資産の部の見方と考え方です。それでは、もう少し細分化して、資産を構成している項目について見て行きます。


流動性と固定性
 貸借対照表の左側部分の資産は、流動資産、固定資産等に分かれています。
資産も負債もそうですが、流動性のものと固定性のものに分かれています。流動性のものは短期的なもので1年未満での活動及び決着をみるもので、短期間で勝負。固定性のものは長期的なもので、1年以上の活動を表しています。このように貸借対照表は流動性(短期的)なものと固定性(長期的)なもので構成されています。これは貸借対照表の右側の負債でも同じ構成です。
 では、流動性がもつ意味合いは何でしょう? ようは短期で結果でるものす。言い換えれば所有を目的とした投資ではないということです。固定資産などは、長期保有することによって活動ができるようになりますが、短期間での保有する使い道とはなんでしょう。そこでやはり流動資産の資産をお金として捉えて考える為に、流動資産ではなく流動資金としてみます。流動資金つまり「短期資金」ということですね。会社を家庭に置き換えて考えて見ますと、短期的に使うお金は日々の支出ですね。日々の支出つまり「日々の資金繰り」ということです。短期資金は日々の資金繰りであり、日々の運転資金ということです。流動性は短期の資金繰りで、回転の速いものを記載するということになります。
 しかし、商売上の理由で取引先や子会社などに対して、貸付金が発生した場合などで、実際には回収しないで証書の書換だけで、返済をしてまた貸し付けたみたいな貸付金は、実際には長期の貸付金と同じです。また、実際に返済したとしても転がし状態になっている貸付金も長期の貸付と同じです。“流動性に記載する科目は事務処理的なものを記載するのではなく、実態に沿った記載をしなければなりません”。なぜなら流動性が持つ意味合いは短期的な資金繰りなので、この短期的なものが実際には長期的なものに変わると、資金手当の仕方も当然変わってきます。
 貸借対照表は経営の対策を練るものなので、その内容に偽りがあると、当然ながら経営の判断も変わるということです。同じことを何度も話しますが、貸借対照表は税務申告をするものでも、体外的な評価を上げる為でもなく、全ての真実を記載し正しい経営判断をするためのものだということです。そこに間違ったものを記載すると、正しい経営ができなくなります。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM