<< 市民税 | main | 経理7 >>

経理6

目次を作りました。順番に見てね

経理入門6
決算書における資金効率(資本の効率)
 経済活動では小さなお金で大きく儲けることが大切だと話しましたが、この資金の効率を見るのが、資金の効率です。先ほどは売上で資金の効率を考えましたが、会社全体で使う全ての資金の効率を見るにはどのように考えたらよいでしょうか? 貸借対照表には、会社が保有している資金の合計が総資本(貸借対照表の一番下の合計金額)として記されています。(資本については後術で説明します)この総資本を使っていくら儲けたかを表す算式が総資本利益率です。総資本利益率は「利益÷総資本」で計算されます。先ほども話しましたが「利益=増えたお金の額」ですから、総資本利益率は、「増えたお金の額÷総資本」となります。また、総資本を言い換えれば元手ですので、「総資本利益率=増えたお金の額÷元手」(*注意*厳密に話すと益金には非資金的費用が含まれているので、利益=益金=増えたお金では、ありません。ここでの話の益金=増えたお金というのは、悪までも考え方の問題です。実際のキャッシュの計算とは違います。キャッシュの計算については後述しますね))ということです。この「総資本利益率こそが、経営の醍醐味である小さな資金で大きく稼ぐという効率を表したもの」です。経済活動では、ここに焦点があてられています。総資本利益率こそ資金の効率を示しており、経営の上手さを表す指標です。総資本利益率の考え方は損益での「利益率」だけを求めているのではなく、資金面での「収益率」も求めているといえます。利益という言葉に惑わされずに、お金というふうに考えることが大切です。また、総資本利益率には既に益金も入っているので、効率の考え方としては、今ある資本の中に占める益金の割合を示したものです。つまり1円の中にどのくらいの割合で益金が含まれているかというものです。別の資金効率の見方をするならば益金を含まない資金効率を考える方法もあります。総資本から当年度の益金を引いたところの元手の資金から見た効率です。算式にすると「利益÷(総資本―当年益金)」となります。この考え方は、1円でいくらお金を増やすことが出来たかという資金効率を示しています。一般的な総資本利益率は益金の「含有率」で、後者の場合は1円でいくら増えたかという「投資効率」を示しています。(前者は利益効率、後者は資金効率です。)
 余談)経営指標では総資本利益率として綜合評価で表示されていますが、総資本利益率とい表示では、総資本利益率が何を意味しているのかピンとこないと思います。そこで総資本利益率という計算上の表現ではなく、「経営の上手さ」若しくは「企業の能力」とか「総資金効率」とかいう言葉で、表現する方が適切ではないでしょうか。経営指標は字(算式)の通り理解するのではなく、その算式が何を言わんとしているかという意味合いで表現する必要があります。営業出身の経営者に分かり易く数字を伝える為には、その数字がどのような算式で求められたものか、その算式が意味するものは何か、充分に分かるような解説が必要です。また、答えが一つでも、その答えを導き出す算式は幾通りもあります。算式が幾通りもあるということは、幾通りの視点から物事を考えることが出来るということです。経営はこの算式の分析で、その中でどのような経営判断をするかということになります。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM