<< 職位 | main | 経理2 >>

経理1

目次を作りました。順番に見てね

経理事務について
 経理的なことについて分かりやすく書いていこうと思います。経理がどんな仕事なのか、どんな役目を担っているのか、会社からみたものや経済からみたものなど、視点を変えながら考えて行きたいと思います。

経営とは、
 経営って聞くとなんか難しく聞こえますね。で、経営ってなんでしょう? 決算書とか、試算表とか、貸借対照表とか、損益計算書とか、いろいろ思い浮かびますが、なんか数字ばっかりで拒絶してしまいそうなものばかりですね。言葉で経営を考えて見ると会社を継続して商売を拡大することでしょうか。まずは、字から入って考えて見ると、「経」と「営」ですね。私なりの簡単な解釈では「経理」「営業」です。経理とは計数管理で、営業とは日常的な収益活動です。経営を経理と営業と言えば簡単なしくみだなぁって思いませんか? だから普段やっていることは経営活動であり、経営に参加しているということです。  せっかく経営に参加しているのですから、私は経理が分からないとか、数字にうといとか言わずに興味をもって見ることが大切です。だって家庭でも社会でも経済というものは数字でしか表現できないものです。

決算書の意味
 経営は、経理と営業だとお話ししましたが、この毎日の活動を記録したのが決算書です。決算書というと難しくなりますので、ここでは「貸借対照表」「損益計算書」のことを単に決算書として考えて見ます。(因みに決算書の必要書類は貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、営業報告書、別表、原価計算報告書等です。)
 決算書は毎日の活動を数字化して1年分を集計したものですが、決算書の持つ意味はなんだと思いますか。質問の仕方を変えると決算書は何に使うと思いますか? 決算書を作成するには、ある程度の税法の知識など必要なので大概は税理士や会計士に任せて作ってもらっている会社が殆どです。そうすると決算書は税務申告に使うものと勘違いを起こしてしまう傾向にあるみたいです。決算書は経営を明確にするためのもので、貸借対照表では資金のあり方を損益計算書では営業活動を記載しているもので、貸借対照表と損益計算書から、過去の分析を行ない今後の経営をどのようにおこなって行くかというものです。決算書は過去の数字を記録したものですが、この記録を分析して、次の展開をどのようにするとか、資金の効率をどのようにしたら上げられるとか、過去の分析から未来を予測するものです。過去の数字が何を物語っているかというと、「経営の癖」が分かります。経営の癖というのは、「その会社がもっている性格や傾向」が分かるということです。決算書は未来の姿を占うものなので、きちんとした分析を行い、時代に合った経営判断を行なう為のものです。たまに数字の分からない経営者がいますが、その人達が使う決算書は税務申告書ということです。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM