<< 職業 | main | 経理1 >>

職位

目次を作りました。順番に見てね

職位
 職位? 職位というと役職のことを言いますよね。課長とか部長とか。でも時々思うのですが、職位と職責と職務がバラバラな人がいますよね。言っていることは会社の社長、やっていることは矛盾だらけ、していることは役割分担を担ってなかったり。これは困ります。特に上の者がこのようなタイプでは。というよりその会社に、職位と職責そして職務の規程がないのだと感じます。というよりは知らないのだろうと思います。例えば社長の仕事、専務の仕事、常務の仕事、部長の仕事、課長の仕事です。

職位・・・管理者としての指導及び決済権限等の範囲の位置づけ
職責・・・職位に対する業務遂行責任
職務・・・管理指導における社内的管理役割分担


職位     職務          職責              職権
社長    将来への展開     最終的な判断と決断    社会的な権限
専務    ビジョンの遂行    特別な業務の遂行     社外に対する権限
常務    日常の維持      日々の業務全般の遂行  社内の権限
部長    部の統率       部の目標達成        部の範囲内での権限
課長    課の統率       課の目標達成        課の範囲内での権限

課長以下の役職として係長、班長などありますが、これらは役職には該当しません。社内的な便宜上に作られた職位です。課長以上は経営に携わるので、残業手当等は付きません。管理職としての地位があるからです。

 よく勘違いすることは職位が高くなると権力を手に入れたと思ったり、偉くなったと思ったりすることです。職位とは、悪までも仕事上の業務遂行にかかる権限の範囲のことで、人間性とか社会的地位が高くなったものではありません。ただ単の役割分担の配置だけです。

 例えば、よその会社の常務さんとお会いして話す場合、態度が横着だったり、自慢話しの会話だったりすると、いくら社内的には常務でも、社会的には認められません。それを社内だけのものさしで偉くなったと思うのは甚(はなは)だしいことです。偉いとかいう判断は他人がする判断なので自分で社内的地位があるから偉いと思うのはどうかと思います。また、本人にも勘違いをさせないような制度を作らないと会社の人格が疑われます。
権限というのはその地位に付与されているものであって、その人に付与されているものではありません。だからその地位に着いたからといって、偉くなったとはいいません。カリのその地位に着いた人が自分は偉くなったと勘違いをすると、だんだんその人も、その会社もおかしくなっていきます。しっかりと、自分を見つめていることが大切です。
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM