<< 自賠責保険と労災 | main | 自賠責3 >>

自賠責2

目次を作りました。順番に見てね

交通事故の取扱い
自賠責保険と労災保険の関係について
1、自賠責に過失割合は関係あるのか
  自賠責は賠償保険なので被害者に対して支払われます。加害者の場合で過失割合が 
  70%を超えると減額されます。

2、自賠責保険の給付対象は
  給付対象項目は、「治療費」、「慰謝料」、「休業損害補償」の3つです。また、対象人物は相手に対してです。自賠責は、自動車損害賠償責任保険なので自分自身に対しては支払い対象外です。

3、自賠責保険の補償額は
  ・人身傷害に対しては、120万円まで
  ・後遺症障害、死亡に対しては3,000万円まで
  ・慰謝料は、概ね
   ・傷害の場合で、4200×治療期間(総治療日数と実入通院日数の2倍の日数の  
    うち少ない方)
   ・後遺障害の場合だと、その障害等級に応じて1,050万円(一級)〜32万円
    (14級)
   ・死亡の場合で、本人慰謝料350万円+遺族慰謝料(請求者人数に応じて500万円 
    〜で、この場合の遺族は死亡者の配偶者、子供、父母に限られます。)
  ・休業損害補償については、1日当たりの上限支給額19,000円の範囲内で全額給付
  ・人身障害補償の120万円は、治療費、慰謝料、休業補償の合計金額が120万円までということです。120万円を超える部分については、他の補償制度を利用することになります。

4、任意保険と自賠責保険の関係
  任意保険は自賠責の上乗せとして、自賠責の補償金額を超える場合に適用されます。 
  この場合過失割合により支払額を判定します。
  
5、自賠責と労災では、どちらが優先するのか
  自賠責保険(国土交通省管轄)と労働保険(厚生労働省管轄)とでは、どちらが優先  
  されるかは、法律上の規定はありません。
   ・政府省庁間では自賠責保険の適用を優先しています。
   ・交通事故で被災した労働者は、自賠責と労災のどちらを使うのか自由に決定する
    権利を有しています。 
   ・交通事故事態が賠償責任の問題である観点から、一般的には自賠責を優先して使         
    用します。
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
任意保険は必要か
任意保険の重要性やその内容の基礎説明 最低限の自動車保険 基礎知識
  • 自動車保険の基礎知識を学べ
  • 2007/04/07 6:07 PM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM