<< 粗利益率の活用 | main | 変動費分配率 >>

予算管理

目次を作りました。順番に見てね

粗利益率の意味2
粗利益率の活用
予算管理
 前回では、粗利益は固定を賄う為のもので、固定費を粗利益率で割ると、必要売上高が出ると話しました。さて、ここで注目しておいて貰いたいのが、なぜ経費から逆算して売上を求めるか?です。

次の算式を見て、どの算式が予算管理に適していると思いますか。
1、売 上 × 粗 利 益 率 = 粗利益
2、売 上 × 固定費分配率 = 固定費
3、固定費 ÷ 固定費分配率 = 売上
上記いずれの場合も、粗利益率は通常取引における平均的な粗利益率で、一定なものとしています。

1の場合では、粗利益に注目したもので「売上計画」
2の場合は粗利益という考え方ではなく、予想売上に対して固定費をいくらにするかという「コスト管理」
3の場合は定期的に決まっている固定費を賄う為の必要売上、つまり「損益分岐点売上高」算式の捉え方は人それぞれです。私の場合は、このように考えるという例です。

 上記の式で確定要素は固定費です。1の場合だと売上の保証がないので計画通りに行くかどうか分かりません。2の場合だと予想売上に対して固定費を修正していくもので、基本的に売上を増やして固定費を賄うというものではないので、成長性からみればマイナス思考です。リストラやコストカットがこれに当たります。3の場合は、固定費という確定要素をいかに賄うかということが論点になっています。これは2の場合とは逆にコストのカットではなくコストの効率の問題を挙げています。成長性からいくと前向きな考え方です。

このように確定要素と不確定要素で考えると
1の場合では、「不確定要素 × 確定要素不確定要素
2の場合では、「やや確定要素 × 確定要素不確定要素
3の場合では、「確定要素 ÷ 確定要素確定要素

 そうすると予算管理では3の式を利用した考えの基での組立てがベストと言うことになります。1、2の考えでは多分この位の売上や利益が必要だろうというものですが、3の場合では、必ず必要な売上です。
 経費を粗利益で割って売上を考える理由は、確定的な必達しなければならない売上が分かるからです。これが損益分岐点となる売上点です。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM