<< 競争 | main | 意見と文句 >>

ルールと常識

目次を作りました。順番に見てね

ルールと常識
 ルールについては色んな意見があります。守るべきもの、破る為にあるとか? 議論は絶えないと思います。何気ないことでもしっかり話して、考えることはいいことだと思います。ルールは私達が生活していくうえで無くては困るものです。ルールがないと無法地帯となります。そのルールには二通りのルールがあります。一つは書面とかで決められたルールです。国の法律や会社の就業規則もこのようなルールです。しかし、このルールを破っても当たり前だと言う考え方の方もいます。仕事をしていく上でどうしても、無理なことをしなくてはいけなくなる場合があります。しかし、これは自己都合の解釈です。公のルールは守って当たり前です。例えば、会社の決算書でも各々が好きな決算をすると比較ができません。そうすると本当の利益とか事業内容が不明確になり、株式が成立しません。また、このような会社では不正が起こりやすくなり、破綻に繋がります。それで最近多いのが内部告発です。内部告発はルールを無視していますよと言う警告です。しかし、独裁的な会社では内部告発さえもできずに、違法行為の片棒を担ぐことになります。ルールは仕事や社会生活を守る為の条件です。また、ルールを破ることは条件のクリアができていないのいで、これはその企業や人の能力不足でしかありません。ルール違反は、問題が発覚しないと問題になりませんが、しかし、水面下では力不足の上に繁栄を積み上げようとしているのですから、当然先行きは危ないですね。ルールを守ることは、その人の力量ということですね。あなたの会社の力量はどれ程ですか?
 そして、もう一つのルールは、常識というルールです。車中からゴミを捨ててみたり、挨拶ができなかったり、色々とあります。常識と言うと人様々ですが、一言で言うと「迷惑をかけないこと」です。例えばゴミを車外に捨てれば、市の清掃車などで回収します。これって最終的には住民税になって、自分の所に帰ってきますね。他人や地球環境に迷惑をかけないことが大切です。そして、その常識の高さがその人の人格の程度を表しています。
 ルールや常識を守ることは、みんなで生活していく為の条件です。自分ひとりならいいだろうという考え方は、現在の社会には通用しないのです。確かに、車の運転でも制限速度通りに走っていると返って車の流れを悪くしてしまうこともあります。この辺の判断は常識という判断ですね。この判断の基準は迷惑を招いてないかということです。みんなで違反をすれば怖くないということではなく、流れに沿った行動ということです。しかし、警察がいるときは常識的に考えても制限速度は守らなければなりません。
目次を作りました。順番に見てね


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM