<< まじめと真剣 | main | 失敗と集中 >>

説得と納得

目次を作りました。順番に見てね

説得と納得
 説得を辞書で引くと、「自分の意志や主張を相手に伝えて納得させること」とあります。では納得は、「他人の言行をよく理解し、もっともだと認めること」となっています。説得と納得は対の関係にあるわけです。どうもほかにも違った捉え方があるように思えるので、その意味合いを考えてみました。
 説得は“説を得る”となっています。字から読み取ると、説得は相手を説得するのではなく自分を説得するところから始まっているのではないでしょうか?つまり、その説明にまず自分が納得できるかということです。相手を説得する前に自分がその説を会得(理解)しておかなければなりません。説得する場合の対象は相手になるわけですが、その前に自分がきちんと理解しておくことが大切です。説得をしていて、相手から色んな質問を浴びせられても充分に応えることができるかどうかということです。質問に答えられないのは、自分自身が納得してないからではないでしょうか。説を得るということは科学的根拠に基づいて、十分な説明ができるかと言うことです。説得させるには、説明が必要になるわけです。説明は字の通り、説を明らかにすることです。そして充分理解したこの説を自分の中に取り入れることが説を得ることであり、説得となるのではないでしょうか。
 納得は説を得ることで、自分のプラスになることを得ることだと思います。だから“得を納める”ということになるのではないでしょうか?
これが私の思う説得と納得です。なんとなく納得でき増したか。

 また、説得を使う場合の説得とは、説明を得ることつまり受入れることだと思います。このときの対象は交渉相手で、交渉相手の話を受入れることから、説得することが始まるのではないでしょうか。受入れるというのは、相手の考えや気持ちを知ると言うことです。説得とは相手の意見の反対をするのではなく、意見を受入れることで、またその意見に賛同するわけでもなく、その人の気持ちを受け入れながら、分かるように説明すると言うことだと思います。相手との気持ちを分かち合うことが説得の始まりだと思います。
 このように考えて見ると説得、説明、納得、受け入れる、分かち合うというのが一連の関係にあるのではないでしょうか?
目次を作りました。順番に見てね

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM